GTM-MML4VXJ
Skip to main content

「運用」の負担を軽減すべし

仮想化でこう変わる

  • 仮想マシンが手軽に追加できるようになる反面、サーバの乱立が発生し管理が複雑化する場合があります。
  • 仮想レイヤーが新たに加わり、システムの構成が把握しにくくなります。
  • インフラ運用者が複数業務のインフラをまとめて管理するため、各業務との調整作業が多くなります。

仮想化はこうしましょう

  • 運用ルールを明確化
    仮想マシン追加やトラブル対応など、運用ルールを明確にしておきましょう。ルール作成により、特定の管理者の負担が軽減される上に、運用のバラつきもなくなります。
  • 依存関係を可視化
    トラブル時の原因や影響範囲をすばやく特定できるよう、インフラ・仮想マシン・業務間の依存関係を可視化しましょう。統合的に可視化をするツールを利用し、トラブル対応作業を低減しましょう。
  • 自動化により作業負荷を軽減
    保守の際は、ライブマイグレーション機能を利用して業務停止を避けましょう。仮想マシンが多い場合には負荷平準化機能等の自動化を取り入れて、作業負荷を軽減しましょう。

Tips

  • 負荷平準化機能は保守でも活用できます。負荷平準化機能を設定した状態でメンテナンスモードに設定すると、自動的にリソースの 負荷が低いサーバに移動してくれます。

仮想化関連製品・サービス

アセスメントサービス

  • サーバアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    現状お使いのサーバシステムの状況や課題を整理・計画化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。
  • ストレージアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    ストレージの導入を検討する理由は、お客様ごとに様々です。
    現在お使いのストレージシステムの状況や課題を整理・明確化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KLMLSZ