GTM-MML4VXJ
Skip to main content

「ネットワーク」の冗長化は重要と考えるべし

仮想化でこう変わる

  • 集約によりネットワークも集中します。仮想化機能を利用するために、管理系LANの追加が必要です。

仮想化はこうしましょう

  • 物理ポートやLANスイッチを冗長化
    経路異常やボトルネックによる業務の停止をさけるため、サーバのポートやLANスイッチは冗長構成にしましょう。
  • 管理系LANを冗長化
    仮想化システム自体を支える管理系LANも、運用を途切れさせないために冗長構成にしましょう。

Tips

  • 仮想スイッチの構築・運用は、サーバ担当者となるのが一般的です。仮想化後のネットワークの担当範囲について、ネットワーク担当者と確認・調整を行いましょう。
  • 現在の仮想マシンの集約率では1Gでまかなえる場合が大半ですが、低価格化が進んでいる10Gによるシンプルな物理配線や、FCoEによるLAN-SAN統合なども導入されています。

仮想化関連製品・サービス

アセスメントサービス

  • サーバアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    現状お使いのサーバシステムの状況や課題を整理・計画化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。
  • ストレージアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    ストレージの導入を検討する理由は、お客様ごとに様々です。
    現在お使いのストレージシステムの状況や課題を整理・明確化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KLMLSZ