GTM-MML4VXJ
Skip to main content

「バックアップ」を考え直すべし

仮想化でこう変わる

  • ネットワーク経由のバックアップでは、バックアップの負荷が他の仮想マシンに影響する場合があります。
  • 仮想マシンが増えると決められた時間内にバックアップが完了しなくなる場合があります。

仮想化はこうしましょう

  • 仮想マシンをまるごとバックアップ
    仮想化ならではのバックアップ(仮想マシンをまるごと採取)を使いましょう。他の仮想マシンに影響を与えずバックアップができます。更にバックアップ/リストアの作業自体も容易になります。
  • ストレージを使って一括バックアップ
    仮想マシンが更に増える場合は、ストレージのコピー機能を用いた一括バックアップを検討しましょう。仮想マシンが増えてもバックアップ時間を大幅に短縮できます。

Tips

  • 仮想化を機にバラバラに運用・管理していたバックアップを統合されるお客様も多いです。
  • 仮想マシンが多い(目安として50台以上)お客様では、ストレージのコピー機能を使ったバックアップがよく使用されています。
  • 仮想化は災害対策にも有効です。仮想化マシンのバックアップイメージを仮想環境がある他の拠点へ送っておくことで、災害時に素 早く復旧できます。

仮想化関連製品・サービス

アセスメントサービス

  • サーバアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    現状お使いのサーバシステムの状況や課題を整理・計画化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。
  • ストレージアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    ストレージの導入を検討する理由は、お客様ごとに様々です。
    現在お使いのストレージシステムの状況や課題を整理・明確化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KLMLSZ