仮想化スペシャリストBlog
土村忠生の「仮想化の風に言の葉をよせて」

第19回 VMwareエンハンス速報

2020年3月11日掲載

仮想化ソリューション企画のプロフェッショナル土村 忠生

昨年のVMworldでProject Pacificを知って以来、コンテナ、Kubernetesが気になり、年明けに第一線で活用されていらっしゃる講師による3日間の社外研修に参加してきました。
技術者として情報を発信するには実際に触ってみてどんなものなのか理解を深め、利用しようとしている方々と交わってその背景も知らないといけないと考えたからです。YAML(注)を書いてインフラが簡単に構築され、あっという間にスケールする様は、物理サーバでの構築経験からすると、魔法のようでした。Infrastructure as a Codeの体感ですね。もう全部コンテナでいいのではないかとも思いましたが、永続データに縛られた従来の設計のままでのコンテナ移行は課題が山積みなので、やはりコンテナに沿ったデザインでシステム全体を運用含めてモダナイズしないといけないと改めて意を強く持ちました。そういう意味でも、仮想基盤とコンテナ基盤が同居するProject Pacificは、システムのモダナイズ化に向かう過渡期に最適な基盤であり、ヴイエムウェア社の目の付け所も出してくるタイミングもすべてがいいなぁと思いました。IT基盤のハーモニーですね。

  • (注)
    コンテナ環境などのインフラストラクチャーを構成・構築するために必要な設定やインタフェースなどの情報をコードとして定義したファイル

Accelerate Digital Business with VMware Across Any Cloud開催

さて、本題に入りましょう。コンテナ、Kubernetesに関連したヴイエムウェア社の最新トピックスを紹介します。
3月10日にヴイエムウェア社のヴァーチャルイベント「 Accelerate Digital Business with VMware Across Any Cloud新しいウィンドウで表示 」が開催されました。
睡魔と戦いながらネットで聴講されたかたもいらっしゃると思います。
普段このブログは、私が原稿をあげて約1カ月で公開というスケジュールなのですが、今回は発表に合わせて執筆後2日間でブログを公開するという初の試みです。
発端は、vEXPERTのマネージャであるCoreyからの一通のメールでした。
vEXPERTの企業ブロガー向けにヴイエムウェア社から発表前に先行情報を提供するExclusive Blogger Early Access Programを行うので、参加して正確な情報のブログを発信して欲しいという依頼です。世界各国の企業ブロガーであるvEXPERTが180名応募し、ブログチェックなどの審査を受けて、無事50名枠に選ばれました。情報提供は2月27日から3月6日の間に以下のテーマごとに4回に分けて、それぞれ深夜1時からZoomで行われました。

  • Exclusive Blogger Early Access Program session – Compute
    vSphere7.0のエンハンス内容に関する情報
  • Exclusive Blogger Early Access Program session – Hybrid Cloud, Compute and Storage
    VMware Cloud Foundation 4, vSAN7.0に関する情報
  • Exclusive Blogger Early Access Program – Application Modernization portfolio
    Tanzuポートフォリオに関する情報
  • Exclusive Blogger Early Access Program – Cloud Automation and Operations
    vRealize Automation8.1, vRealize Operation 8.1等に関する情報

今回はその中から、vSphereに関するエンハンスを中心にProject Pacificがどうなったのかを含めてお伝えします。

vSphere 7について

vSphere7は、「Essential Services for the Modern Hybrid Cloud」つまり、「モダンな(=クラウドネイティブなアプリケーションを動かす基盤を含んだ)ハイブリッドクラウドのために必要不可欠なサービス」ですと位置づけられました。
去年までのハイブリッドクラウドは、モダンという言葉がない、仮想マシンレベルでオンプレとクラウドを行き来するハイブリッドという位置づけでした。
このモダン(クラウドネイティブアプリ)側に実装を寄せてきたのが、ESXiにKubernetesを統合したProject Pacificであり、これが製品としてvShere7という新バージョンに実装されました。
Exclusive Blogger Early Access Programの中では、機能名として、vSphere with Kubernetesと呼んでいました。
vSphere with Kubernetes を使う場合は、最小7ホスト必要で、ストレージにvSANを採用する場合は、8ホスト構成になるようです。また、NSX-Tが必須となります。
あれ?なにか似たような仕様の製品が思い浮かびませんか?そうです。VMware Cloud Foundation(VCF)ですね。
このため、vSphere with Kubernetes機能を使う最適なプラットフォームはVMware Cloud Foundation 4であるというメッセージが出されました。vSphere with Kubernetes on VMware Cloud Foundationです。上記の必要な要件がすべて網羅され、複雑な環境構築も不要だから推奨されているのですね。

VCFでは、コンテナ環境のストレージとして、vSANだけではなく、VMFSやNFSも選ぶことができるそうです。しかも VVOL新しいウィンドウで表示 もサポートしています。
セッションではデモも用意され、コンテナ環境がサクサク動くさまを見ることができました。期待が高まります。 これ以外にも、仮想マシンのリソース上限やハードウェアバージョンアップ、vMotionなどなどエンハンス内容は盛りだくさんですが、割愛します。
そうそう、 第17回のブログの「Project Pacificをシステム視点で考えてみる」というセクションで課題提起したvSphereとKubernetesが一つになるサポートサイクルの問題新しいウィンドウで表示 を、思い切って質問したのです。そうしたら、従来と変わらないと思うけれど、vSphere7のサポートポリシーを見てねといなされてしまいました。技術者はあまりこの点に注目しないのですね。運用者にとっては影響大きいのに。

vSAN7.0のエンハンス

エンハンスの3つのポイントは、以下の通りです。これ以外にも多々ありますが今回は割愛します。

  • ライフサイクル管理
    ハイパーバイザだけではなく、サーバハードウェアのファームやドライバの管理が可能になります。なお、管理のためにはベンダーのプラグインが必要となります。
  • ネイティブファイルサービスのサポート
    NFS v4.1、v3をサポートし、従来の仮想マシンと、クラウドネイティブなコンテナとの間でファイルシェアを可能とします。
  • クラウドネイティブストレージ
    Kubernetes対応のためにブロックとファイルに対応します。ブロックではVVOLもサポートされます。英語の聞き間違えが無ければ、vSAN上にいわゆるS3互換のオブジェクトストアが形成されるらしいですよ。

vRealize関連のエンハンス

最後にvRealize関連のエンハンスを少しだけご紹介します。

vRealizeはバージョンが8から8.1になります。
主なエンハンスは、Kubernetes対応のvSphere7を管理するための内容で、下記スライドにまとめられています。

vRealize Automation(vRA)では、ようやくマルチテナント管理機能が実装されるそうです。
vRealize Operationsでは、マルチクラウド対応が進み、Google Cloud(GCP)をサポートするようです。
根底にあるのは、各社のクラウドが提供するKubernetesをTanzuによって一元管理するというVMworldでのメッセージに沿って、仮想やコンテナリソースもマルチクラウドで管理することで、全体を包含した真のマルチクラウド管理を実現していくということだと推測します。
vRAでAnsible Towerと連携するスライドもありました。なんだか楽しみですね。

さて、書きたいことはたくさんあるのですが、ここまでにしたいと思います。
次回のブログもお楽しみください。

VMware App Modernization Frequently Asked Questions (FAQs)

Q. What should I buy if I want to run containers with integrated Kubernetes orchestration on-premises?
A. You should buy VMware Cloud Foundation 4.
Q. Why do I need VMware Cloud Foundation for my vSphere with Kubernetes environments?
A. For three key reasons:
  • 1. VMware Cloud Foundation is the fastest path to an on-premises cloud operating model for containers and VMs.
    • • It automates deployment of a complete Kubernetes-ready environment
    • • It delivers all the infrastructure and runtime components you need to rapidly deploy complex Kubernetes clusters
    • • It offers flexibility, including options for external storage and management
  • 2. VMware Cloud Foundation makes it easier to manage all components of the stack throughout their lifecycle.
    • • That means admins and architects can spend more time on higher level work, and less time on managing, upgrading and patching their environment.
  • 3. VMware Cloud Foundation offers a consistent hybrid cloud operating model for both VMs and containers.
    • • It runs in many different cloud environments such as AWS, Azure, Google Cloud, Oracle, Rackspace, and IBM Cloud, as well as those of VMware Cloud Verified partners—simplifying the management of containers and VM workloads across hybrid clouds.
Q. What does VMware Cloud Foundation 4 do in terms of automatically deploying a Kubernetes-ready environment?
A. VMware Cloud Foundation 4 automates the deployment of the entire software-defined data center stack in a “known good” architecture. All components of the stack provide unique value for Kubernetes environments:
  • • vSphere 7: Newly rearchitected with Kubernetes, vSphere is now optimized to run both modern container-based and traditional virtual machine-based workloads. vSphere 7 powers two new services within VMware Cloud Foundation 4: Tanzu Runtime Services and Hybrid Infrastructure Services (see below for more information)
  • • NSX-T: Full stack networking and security services that connect and protect containers and VMs. NSX-T provides the software-defined networking that the Kubernetes services rely on.
  • • vSAN 7: Provides storage virtualization including File Services and Cloud Native Storage for modern apps.
  • • vRealize 8.1: Provides operations and automation support for container-based applications and virtual machines.
Q. What are VMware Cloud Foundation Services?
A. Included as part of VMware Cloud Foundation 4 and powered by innovations in vSphere 7, VMware Cloud Foundation Services provide a new, integrated Kubernetes and RESTful API surface that enables you to drive API access to all core services.

It consists of two families of services:
  • • Tanzu Runtime Services: Delivers core Kubernetes development services, including an up-to-date distribution of Tanzu Kubernetes Grid.
  • • Hybrid Infrastructure Services: Include full Kubernetes and RESTful API access that let you create and manipulate virtual machines, containers, storage, networking, and other core capabilities.
Q. What is VMware Tanzu?
A: VMware Tanzu is a family of products and services for modernizing applications and infrastructure. It consists of:
  • • VMware Tanzu Kubernetes Grid: A Kubernetes runtime that helps customers install and run a multi-cluster Kubernetes environment on the infrastructure of their choice.
  • • VMware Tanzu Mission Control: A centralized management platform for consistently operating and securing Kubernetes infrastructure and modern applications across multiple teams and clouds.
  • • VMware Tanzu Application Catalog: A customizable selection of open source software from the Bitnami catalog that is verifiably secured, tested, and maintained for use in production environments.
Q. How does VMware vSphere Integrated Containers differ from vSphere with Kubernetes?
A: VMware vSphere Integrated Containers, or VIC, uses VMware Admiral as its Container Management Portal instead of the industry standard Kubernetes and doesn’t have the very tight integration of the Kubernetes control plane that is in vSphere with Kubernetes. Alternatively, vSphere with Kubernetes leverages VMware NSX for its underlying networking. By using a YAML file one can define how many containers and all of its networking and infrastructure requirements very easily. This information is sent to vSphere with Kubernetes using the kubectl command and all networking and infrastructure provisioning is handled “under the covers” without the need to learn the vSphere APIs.
vSphere with Kubernetes offers a number of other VMware Cloud Foundation Services including (vSphere Pod Services, Network Service, Storage Service, etc.) that are not included with VIC.
Q. Has Project Pacific has been renamed vSphere with Kubernetes with the launch of vSphere 7? Are Project Pacific and vSphere with Kubernetes products?
A: Project Pacific was announced at VMworld 2019 as a technology preview of VMware’s efforts to rearchitect vSphere with native Kubernetes. It was a codename for the capabilities that would let you run modern applications, such as Kubernetes and containers, alongside virtual machines in a unified manner.
VMware vSphere 7 with Kubernetes, available through VMware Cloud Foundation 4, is the first product that includes the capabilities announced as Project Pacific.

企画のプロの視点と仮想化の知見で、毎月情報発信します。

  • シニアプロダクトプランナー(仮想化ソリューション企画のプロフェッショナル)
  • 15年以上VMware技術支援に従事しVMware Loveな日々を過ごす
  • 米国ヴイエムウェアより9年連続 VMware vEXPERT AWARDを個人受賞
 
 

著者紹介

Tadao,Tsuchimura

土村 忠生

本文中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。


連載一覧


関連する記事

Contact

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

  • Webでのお問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • お電話でのお問い合わせ

    富士通コンタクトライン(総合窓口)

    0120-933-200

    受付時間 9時~17時30分
    (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ