仮想化スペシャリストBlog
土村忠生の「仮想化の風に言の葉をよせて」

第6回 VMware VMworldの季節がやってくる

2016年8月10日掲載

仮想化ソリューション企画のプロフェッショナル土村 忠生
  • facebook
  • twitter
  • LinkedIn
  • LINE

いよいよ、8月末にVMworldがアメリカで開催されます。どんな話題が出てくるかは、コンテンツカタログを見ることである程度推測できますので、みなさんもご覧ください。

私の第2回目のブログの冒頭で、「ミッションクリティカルシステムとvSphere HAクラスタとの関係」について、少しだけ触れました。

vSphere HAは仮想マシン単位のフェイルオーバ仕様なので、vAppを構成しても仮想マシンの起動順序は制御できないということを踏まえて、お客様のシステム起動要件に適合できるのか、手動運用でリカバリーできるのかという観点でのジャッジの必要性を説きました。
という内容です。

そして、VMworldのコンテンツにvSphere High Availability Best Practices and Tech Preview [INF8045]というものを見つけました。

This historically well-attended session will also take a deep dive into the inner workings of vSphere HA and will spend a great deal of time on tech preview features, which won't disappoint. Don't miss out on HA best practices. This is a session you won't want to miss!と、期待させることが書いてあります。テクニカルプレビューで明かされるHAの進化とは何か。9月のブログでは、VMworldでの富士通の展示の話題を交えながら、この点を解説できればと思います。

企画のプロの視点と仮想化の知見で、毎月情報発信します。

  • シニアプロダクトプランナー(仮想化ソリューション企画のプロフェッショナル)
  • 15年以上VMware技術支援に従事しVMware Loveな日々を過ごす
  • 米国ヴイエムウェアより9年連続 VMware vEXPERT AWARDを個人受賞
 
 

著者紹介

Tadao,Tsuchimura

土村 忠生

本文中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

  • facebook
  • twitter
  • LinkedIn
  • LINE

連載一覧


関連する記事

Contact

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

  • Webでのお問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • お電話でのお問い合わせ

    富士通コンタクトライン(総合窓口)

    0120-933-200

    受付時間 9時~17時30分
    (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ