ETERNUS Data Services Platform

DXを加速するスケールアウト・ストレージソリューション
ETERNUS Data Services Platform

「デジタルトランスフォーメーション」が推進される今、先進技術を活用し、あらゆる変化に対応できる「ITインフラ」の重要性はますます高まっています。さらに、日々増大する多種多様なデータ管理と利活用の要求に対し、格納するストレージにも従来と異なるアプローチが求められつつあります。
こうした課題に対し、次世代データセンターの幅広いニーズに対応したスケールアウト・ストレージソリューション 「ETERNUS Data Services Platform(以下、ETERNUS DSP)」をご紹介します。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 導入コスト
    導入費用は抑えたいが、将来的なデータ増加に柔軟に対応できるか不安。できるだけ効率的に投資したい
  • 運用負荷
    複雑化する要件に対応するため、システムがサイロ化、デイリーオペレーションを含めストレージ運用/管理者の負荷を抑えたい
  • システム更改
    最新テクノロジーの導入やデータ量増加に対応したくても、システム更改に伴う作業負荷が高く、データ移行も不安

ETERNUS DSPがお客様の課題を解決します

富士通が提供するスケールアウト・ストレージソリューションは、PCサーバ PRIMERGY にデータ管理ソフトウェア「ETERNUS Data Services Platform Software」を実装することで、複数のPRIMERGYノードのストレージを統合し、柔軟かつ大容量のブロックストレージ運用を実現します。

スケールアウトでスモールスタート!
TCO最適化
ETERNUS DSPは3ノードから最大32ノードまで拡張できる単一障害点のない分散スケールアウト型で構成され、1クリックでいつでも・簡単に増設が行え、手間もかかりません。そのため、お客様の性能・容量要件に応じて、柔軟な増設・スケールアウトが実現でき、スモールスタートによるTCO最適化を実現します。さらに、システム内で異なるモデル/タイプのサーバ混在も可能なため、既存ノードの活用や、増設時には最適な容量や構成をお選びいただけます。
マルチテナントによるシステム統合、多様な自律・自動化機能により運用管理者の負荷軽減
ETERNUS DSPは、マルチテナントに対応しており、場所や種類を問わず、複数業務システムを同一基盤上で統合的に管理できます。ユーザーやクォータの範囲はテナント毎に自由に設定ができるため、セルフストレージサービスが容易に実現できます。また、最新アーキテクチャをベースにシステム内の負荷や容量をモニタリングし、データやリソースを自律的に制御するため、性能設計・容量設計は不要。日々の運用についても、アプリケーションテンプレート機能でストレージ操作を一括・自動化でき、運用管理者の負荷を軽減します。
ノードの新陳代謝も活性対応!
データ移行に伴う運用負荷軽減
ETERNUS DSPは、寿命を迎えたノードを新しく置き換える際にも、業務を止めずに、1クリックで新しいハードウェアのノードをシステムに追加して、古いノードを削除するだけ。データは、ノードの追加・削除に合わせて自動で最適配置されるため、移行に伴う運用負荷が大幅に軽減されます。簡単にノードの新陳代謝ができるため、システムへの最新テクノロジーの取り込みもスムーズです。

ETERNUS Data Services Platform を実現する製品構成

ETERNUS Data Services Platform Software

スケールアウトにより性能・容量要件に応じて柔軟な拡張性を提供し、運用性・耐故障性を高めたブロックストレージを実現します。 主な機能としては、SDSの価値ともいえる「柔軟性」「拡張性」「運用管理性」はもとより、ノード間での負荷/容量を自律してチューニングする機能や、空き容量予測や利用トレンド分析といった予測分析が行える「Insights」を活用したIT投資計画を支援する機能、さらに、ソフトウェアによるデータ冗長化と自己修復機能など、保守性、故障時のシステム影響を最小限に抑えた高可用性を実現しています。

PCサーバ PRIMERGY

ETERNUS DSPを構成するハードウェアとしてPCサーバ「PRIMERGY」を採用。対象モデルは、高性能かつ拡張性に優れた2WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX2530 M5」もしくは「PRIMERGY RX2540 M5」。機能、性能をフルに発揮する検証済み構成で接続性を保証し、安心してご利用いただけます。

イーサネットスイッチ(40GBASE 32)for SDS

ETERNUS DSPを構成する各ノード間を連結するバックエンド・インターコネクトとして、低レイテンシで高度なネットワーキング機能と、40Gbit/sの専用インタフェースをサポートしたボックス型ネットワークスイッチを採用しています。ETERNUS DSPの特長であるスケールアウトを実現するために必要な効率性、柔軟性を兼ね備え、安定した通信環境をご提供します。

ページの先頭へ