GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. ストレージ>
  5. データ容量が大幅減! ETERNUSの重複排除/圧縮技術御

データ容量が大幅減! ETERNUSの重複排除/圧縮技術

河原潤   2012年5月30日

5月17日と18日の2日間、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された「富士通フォーラム 2012」。さまざまな領域のICTソリューションが一堂に会した展示会場には両日とも、多くの企業ユーザーで賑わいをみせた。

 

富士通フォーラム2012の様子

会場の一角には、クラウド・コンピューティングのブースが設置され、「仮想環境におけるデータ保管の最適化」をテーマに最新機種に備わる特徴や機能が紹介された。

富士通フォーラム2012  クラウド・コンピューティングの展示ブース

ここでは、フォーラム当日に行われたデモンストレーションの中から、「ETERNUS CS800 S3 デデュープアプライアンス」に備わる重複排除/圧縮技術がデータ保管コストを大幅に削減する仕組みを紹介する。

記事の最後には重複排除/圧縮技術の概要を紹介する動画も用意してあります。ぜひそちらもご覧ください

業務データの加速度的な増大にストレージはいかにして応えていくか

情報に対する社会的な重要性の高まりとその処理を担うITの進展によって、企業で扱う業務データが増大の一途をたどっている。容量の増大ぶりもさることながら、データベースや業務アプリケーションのデータのような典型的な業務データに加えて、オフィス・アプリケーションの文書ファイルや画像、動画など、データの種類も多岐にわたっている。

しかも加速度的に増えているのは容量や種類だけではない。たとえば、無線ICタグやセンサーから取得したリアルタイムな気象データのように、データを取得する頻度がほぼリアルタイムに近い状態までに高まっているものもある。こうして、業務データの世界で現在起こっている状況は「ビッグデータ」と呼ばれ、このテーマに企業のITインフラはどのように対応し、いかにしてビジネスに活用していくかが問われている。

こうした中で、企業のIT部門がまず対峙しなくてはならないのが、業務データの爆発的な増大に伴ってストレージシステムの導入/運用管理に要するコストが大きく膨れ上がっている問題だ。

ストレージ技術の進歩で、ディスクの容量当たりコストはこの数年間で急速に下落したため、最初からTBクラスの大容量ストレージを導入する企業が増えている。だが、残りのディスク容量が少なくなるたびにストレージの増設/拡張を行っても、すぐにまた逼迫してしまうことになる。データの増大スピードがディスクの価格下落のペースを大きく上回っているため、増設が追いつかないわけだ。

データ保管コストの削減に威力を発揮する重複排除テクノロジー

富士通 プラットフォーム
技術本部 プロダクトソリューション技術統括部の鎌倉早苗氏

業務データの加速度的な増大に対し、単にストレージの増設で解決しようとすれば、データ保管コストは膨れ上がる一方となる。この問題を抜本的に改善するアプローチとして知られているのが、データの「重複排除(De-duplication:デデュープリケーションまたはデデュープ)」である。

重複排除とは字のごとく、データの中身を解析し、データを構成するブロック単位で重複箇所を検出して排除する仕組みのことだ。富士通 プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部 鎌倉早苗氏によれば、文書や画像が添付され、社内を何度も行き交うようなメール/メッセージや、製造業の設計データのような世代管理を行っているファイルの大半は重複したブロックで構成されたデータであるという。

「たとえば、ファイル添付されたメールをCCで複数の宛先に送信した場合、宛先の数だけ重複したデータが生成されることになります。また、部署内で同じファイルを、ファイルサーバのそれぞれのユーザーフォルダに保存していることもよくあります。これらのケースに重複排除技術は顕著な効果があり、対象データによりますが、データ容量は10分の1以上の圧縮が見込めます」(鎌倉氏)

重複排除/圧縮技術の概念図

「ETERNUS CS800 S3」による重複排除/圧縮で77%ものデータ容量削減を実演

富士通のストレージシステム「ETERNUS」が示す解は、上述の重複排除に加えて、さらにデータに圧縮をかけることで容量を大幅に削減する「重複排除/圧縮」テクノロジーである。

展示ブースでは、Oracle Databaseのバックアップシステムにおいて、「ETERNUS CS800 S3 デデュープアプライアンス」に備わる重複排除・圧縮技術機能を活用するユースケースのデモが行われ、来場者の注目を集めていた。

ETERNUS CS800 S3 デデュープアプライアンス

このデモシステムは、UNIXサーバ「SPARC Enterprise M3000」、SAN対応ディスクアレイ「ETERNUS DX440 S2」、FCoEに対応するコンバージドスイッチ「Brocade VDX6730-32」を加えた各コンポーネントを1ラックに収容して構成。SPARC Enterpriseサーバ内のOracle Solarisコンテナ上で稼働するOracle Databaseを、データ保管コストを抑えながらバックアップを行うというシナリオである。なお、バックアップソフトには、Oracle Databaseに標準で備わるOracle Recovery Manager(RMAN)が用いられた。

展示されていたデモシステム

Oracle DatabaseのストレージであるETERNUS DX440 S2は、ストレージ統合管理ソフト「ETERNUS SF Storage Cruiser」との組み合わせで、格納するデータをタイプに応じて、オンライン用SASディスクとニアライン用SASディスクのいずれかに自動的に移動/配置するストレージ自動階層制御を可能にしている(この機能の詳細は、5月24日公開のレポートを参照していただきたい)。

重複排除/圧縮がもたらす実際の効果のほどはどうだろうか。デモシステムにおいて、ETERNUS DX440 S2よりETERNUS CS800 S3に送られてきたOracle Databaseのバックアップ前の容量は8.3GBとなっていた。これに対して重複排除を行うと容量は4.3GBに、さらに圧縮を行った後には1.9GBとなり、実に77%もの容量削減がなされてからバックアップデータとして格納されるわけだ。

重複排除/圧縮技術のデモの様子。濃い青色が元のデータ量、黄緑色が重複排除後のデータ量、濃い緑色が重複排除/圧縮後のデータ量

昨今では大地震などの災害リスクへの対処から、遠隔バックアップ/ディザスタ・リカバリの体制を整える企業が増加しているが、それらの用途においても重複排除/圧縮技術は大きな威力を発揮することになる。鎌倉氏は次のように説明した。

「ETERNUS CS800 S3では、重複排除/圧縮技術によって容量を大幅に削減したデータを、自動レプリケーション機能を用いてバックアップサイトに転送する仕組みを構築できます。転送量が少なくて済むので、高価な広帯域回線でなくとも、ベストエフォート型の回線で十分な遠隔バックアップの仕組みを実現できます。つまり、ストレージ容量、ネットワークコスト、システム管理者の作業工数をすべてトータルに削減することが可能になるのです」

重複排除/圧縮技術の詳細は以下の動画でご覧いただけます。

新規ウィンドウが開きます

YouTubeでは、ETERNUSの機能紹介動画をそのほかにもご用意しております。新規ウィンドウが開きますそちらもぜひご覧ください。


以上、フォーラム当日にブースで示された、ETERNUS CS800 S3に備わる重複排除/圧縮技術の詳細を紹介した。自社のバックアップシステムに重複排除/圧縮技術を導入することでIT部門にもたらされる多大なメリットを理解いただけたことだろう。ビッグデータの活用も視野に入れてバックアップストレージやバックアップ/リカバリ体制の刷新を考えている企業にとって、検討する価値が高いソリューションだと言えよう。


「株式会社 毎日コミュニケーションズ マイコミ」2012年5月30日 掲載記事より転載。
本ページで掲載されている内容は、掲載日時点のものです。

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-5LTXMS