GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 技術情報 Technical Park >
  8. ブログ>
  9. ゲストドメインのネットワーク帯域制御 - Oracle VM Server for SPARC の帯域制御機能 -

まっちーの仮想化講座
第21回:ゲストドメインのネットワーク帯域制御 - Oracle VM Server for SPARC の帯域制御機能 -

2014年5月7日


 

第19回で、Oracle Solaris 11の flowadm 機能を用いたネットワークの帯域を制御する方法をご紹介しました。
これは、OS の機能を用いて帯域を制御したのですが、Oracle VM Server for SPARC 3.1.1では、Oracle VM Server for SPARC の機能として、仮想ネットワークデバイス(vnet)の帯域を制御する機能が追加になりました。
そこで、今回はこの新機能を試してみたいと思います。

事前確認

Oracle VM Server for SPARC のバージョンを 3.1.1にするには、Solaris 11の場合、SRU14031(SRU11.1.17.5.0)以降が必要となります。
事前に該当の SRU を適用しておきます。SRU の適用方法は、第16回もご参照ください。
そのほか、ファームウェアなどの条件については、こちらで確認してください。

# pkg info  entire
          Name: entire
       Summary: entire incorporation including Support Repository Update (Oracle Solaris 11.1.17.5.0).
   Description: This package constrains system package versions to the same
                build.  WARNING: Proper system update and correct package
                selection depend on the presence of this incorporation.
                Removing this package will result in an unsupported system.  For
                more information see https://support.oracle.com/CSP/main/article
                ?cmd=show&type=NOT&doctype=REFERENCE&id=1501435.1.
      Category: Meta Packages/Incorporations
         State: Installed
     Publisher: solaris
       Version: 0.5.11 (Oracle Solaris 11.1.17.5.0)
 Build Release: 5.11
        Branch: 0.175.1.17.0.5.0
Packaging Date: Tue Mar 11 21:32:27 2014
          Size: 5.46 kB
          FMRI: pkg://solaris/entire@0.5.11,5.11-0.175.1.17.0.5.0:20140311T213227Z
# ldm -V

Logical Domains Manager (v 3.1.1.0.5)
        Hypervisor control protocol v 1.11
        Using Hypervisor MD v 1.3

System PROM:
        OpenBoot        v. 4.35.2+2.5.0 OpenBoot 4.35.2+2.5.0 2013/12/19 15:34
        Hypervisor      v. 1.0.11       Hypervisor 1.0.11 2014/03/07 15:24
        Post    v. 3.7.0        Post 3.7.0 2014/01/30 16:51

ドメインの設定

今回は SPARC M10-1に構築済みの2つのドメインに対して、ネットワーク帯域の上限値として、それぞれ「200Mbps」「500Mbps」設定します。

ldm set-vnet コマンドに maxbw オプションでネットワーク帯域の上限を指定します。

# ldm set-vnet maxbw=200m vnet0 ldom0
# ldm set-vnet maxbw=500m vnet0 ldom1

ldm list コマンドで設定した値を確認することができます。

# ldm list -o network ldom0 ldom1
NAME
ldom0

MAC
    00:14:4f:fb:55:e2

NETWORK
    NAME             SERVICE                     ID   DEVICE     MAC               MODE   PVID VID                  MTU   MAXBW      LINKPROP
    vnet0            primary-vsw0@primary        0    network@0  00:14:4f:fa:50:b3        1                         1500  200

------------------------------------------------------------------------------
NAME
ldom1 

MAC
    00:14:4f:fb:49:f4

NETWORK
    NAME             SERVICE                     ID   DEVICE     MAC               MODE   PVID VID                  MTU   MAXBW      LINKPROP
    vnet0            primary-vsw0@primary        0    network@0  00:14:4f:f8:8d:f7        1                         1500  500

動作確認

設定ができましたので、第19回と同様に帯域制御の効果を確認してみたいと思います。
以下の図のように、各ドメインから FTP でファイルを転送し、そのときのゲストドメイン、制御ドメインの送信バイト数を測定します。
始めに、ldom0から送信し、約10秒後に ldom1をスタートします。

結果をグラフにしたものがこちらです。
ldom0と ldom1のそれぞれの上限を Byte に直すと、それぞれ25MB(=200Mbps/8)、62.5MB(=500Mbps/8)です。

グラフを見ると、それぞれ多少のバラつきはありますが、ほぼ設定した上限値に収まっていることが確認できます。また、制御ドメインの値は、ldom0と ldom1を足した値になっています。

このように、Oracle VM Server for SPARC の帯域制御機能の有効性が確認できました。
flowadm を用いたとき(第19回)との違いとしては、以下の2点があります。

  • ゲストドメインの OS が Solaris 11だけでなく Solaris 10でも可能。
  • 制御ドメイン側で設定が可能。

制御ドメイン側で設定ができることで、ゲストドメインを別の管理者に貸し出すようなクラウドサービスでの運用に有効ですね。


応援メッセージはtwitterにて、ハッシュタグ #fjsparcOpen a new window までお願いします。