GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. イベント >
  8. 2018年 >
  9. 【富士通フォーラム2018東京 UNIX出展レポート】勝てるITインフラ:絶えず変化し続けるビジネスシーンに対応できる“未来”を見据えた高性能データベース基盤に注目

【富士通フォーラム2018東京 UNIX出展レポート】
勝てるITインフラ
絶えず変化し続けるビジネスシーンに対応できる
“未来”を見据えた高性能データベース基盤に注目

ITを活用したワークスタイル変革を成功させるためには、企業のITインフラ整備を欠かすことはできない。これからの時代を勝ち抜くためのITインフラに求められるのは、処理速度・安定性・拡張性・運用性など多岐にわたる。もちろん、コストパフォーマンスも重要で高い費用対効果も必要となる。5月17日、18日に東京国際フォーラムで開催された「富士通フォーラム2018 東京」では、理想のITインフラを構築するためのソリューションが多数紹介されていた。本記事では、大容量データの分析・活用が必要不可欠となった現代のビジネスで必須となる未来志向型のデータベース基盤「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database(以下、PRIMEFLEX for Oracle Database)」の展示ブースから、これからのデータベース基盤に必要なものを確認していく。

多種多様なデータの分析・活用にはデータベース基盤の高性能化が必須

IoTやモバイルデバイスの普及により、あらゆるシーンでデータが生成されるようになった。“スピード”が重要視される現代のビジネスにおいては、これら多種多様なデータを収集し、リアルタイムで分析して業務に活かすことが必要となる。このため、企業のITインフラ、特にデータベース基盤が重要となってくるが、現在運用中のデータベース基盤はそうそう手軽に刷新できるものではない。さらに、企業のデータベースに求められる処理能力やデータ容量は加速度的に増加し続けており、膨大な時間やコストをかけて構築したシステムが、いつの間にか性能不足になってしまうようなケースも少なくない。かといって、将来を見据えたシステムを構築してしまうと、必要以上の導入・運用コストがかかり、こちらも効率的とはいえない。こうした問題もあり、現状のデータベース基盤に不満を抱えながら、刷新に踏み切れない企業も多いのが現状だ。

富士通株式会社
システムプラットフォーム技術本部
プロダクトソリューション技術統括部
マネージャー 佐藤政臣氏

富士通フォーラム2018 東京の「ハイブリッドIT」コーナーに開設されていた「未来志向型Oracle Database」ブースでは、変化を続ける現代のビジネスに対応できる最先端のデータベース基盤「PRIMEFLEX for Oracle Database」を展示。ブースで説明員を務めていた富士通 システムプラットフォーム技術本部 佐藤政臣氏は、このソリューションについて、「現在」と「未来」に対応できる最先端のデータベース基盤だと語ってくれた。

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database

「現在」に必要な性能を搭載し「未来」を見据えた拡張性を実現

PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、垂直統合型のデータベースシステムで、CPUコアあたりの演算処理で世界最高クラスの性能を持つ最新プロセッサを採用している。ただし、大容量データへの頻繁なアクセスが発生する現在の大規模データベースにおいては、ノード性能だけでなくノード間で行われるデータのやりとりがボトルネックとなってしまうケースも多い。ストレージのI/O性能を高めるための機能を搭載してノード性能を強化している製品は多いが、いくらノード性能を高くしても、ノード間の通信がボトルネックになってしまえば大きな効果は期待できない。そこでPRIMEFLEX for Oracle Databaseでは、Infinibandの10倍高速なノード間通信を実現する「高速インターコネクト」を搭載。複数筐体をつないで処理能力を高めることができるなど、現在の業務を高速化できるだけでなく、将来の業務量増加にもスムーズに対応できるシステムを実現している。

さらに、ソフトウェアのライセンス費用はアクティベートしたCPUコアだけに発生する仕組みを採用しているため、未来の業務拡大を見据えて現在は不要なコアやライセンスを導入して余計なコストをかけるといったリスクを減らすことが可能。その時必要なリソースのライセンス課金で運用でき、未来に業務を拡大する際にはリソースを増やしたい分のCPUコアをアクティブにすることで対応できるため、現在から未来まで、適切なコストで運用を続けることができるという。

先進技術を盛り込み、現在の業務改善だけでなく未来の業務拡大にも対応できるデータベース基盤として設計された PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、大容量データの分析・活用が必須となった現代のビジネスを勝ち抜くための強力な武器となるはずだ

また、未来において企業のITインフラを刷新するような場合、データベースの再構築には手間と時間がかかり、業務がストップするといった問題も出てくる。PRIMEFLEX for Oracle Databaseでは、Oracleインスタンスが稼働するOS環境をコンテナでカプセル化。クローンを作成して新たなシステムに移行させることで、データベースの再構築なしにOSの標準機能だけで移行が完了するため、コストを削減できる。しかも、移行時の業務停止時間を抑えることができるため、業務停止時間の短縮に高額なオプションを購入する必要がある他のソリューションと比べてコスト的なメリットは大きい。

このように、PRIMEFLEX for Oracle Databaseは処理能力と拡張性やコスト、運用性に優れたデータベース基盤であるだけでなく、未来の業務拡大やインフラ刷新にも対応できる柔軟さが特徴となっている。また、データ領域は、導入企業の要件にあわせてオールフラッシュストレージやフラッシュカードで構成して、さらなるデータベース高速化を図ることも可能。リアルタイムなデータ分析を行ったり、AI技術を活用したりする場合に必須の処理能力を実現できるPRIMEFLEX for Oracle Databaseは、現状のデータベース基盤に不満がある企業はもちろん、業務拡大を目指す企業すべてにおいて、見逃せないソリューションといえるだろう。

デジタルテクノロジーによるビジネス変革に対応するため、現状のデータベース基盤が抱える課題を解決したいと考えている企業担当者は多いという。「未来志向型Oracle Database基盤」ブースも多数の来場者から注目を集めていた

FUJTISU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database のりかえキャンペーン。今なら最大70%オフ。


出典:マイナビニュース
【特別連載】勝てるITインフラ 第2回 絶えず変化し続けるビジネスシーンに対応できる“未来”を見据えた高性能データベース基盤に注目(2018年6月19日掲載)
https://news.mynavi.jp/kikaku/20180619-645483/Open a new window

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)