GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. イベント >
  8. 2015年 >
  9. 富士通フォーラム2015 東京 SPARC M10出展レポート

富士通フォーラム2015 東京 SPARC M10出展レポート

2015年6月9日

「Human Centric Innovation in Action」をテーマに、富士通フォーラム 2015を開催しました。

ビジネスや社会における新たな価値を創り出す取り組みとそれを支えるテクノロジーを、展示デモやセミナーを通じてご紹介しました。

富士通フォーラム2015
Human Centric Innovation in Action
会期 5月14日(木曜日)~15日(金曜日)
会場 東京国際フォーラム(東京都千代田区)

SPARC M10展示デモ ―超高速データベース基盤で業務スピードを革新―

UNIXサーバ SPARC M10のブースでは、SPARC M10-4S、SPARC M10-1、SPARC64™ X+プロセッサとウエハ、金色に特殊塗装したSPARC M10内部カットモデル、そして高速Oracle Database基盤「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database」を展示しました。


UNIXサーバ SPARC M10の展示ブース


多くのお客様がご来場


PRIMEFLEX for Oracle Database、
SPARC M10-4S、SPARC M10-1


SPARC64 X+ プロセッサ


SPARC M10-4 内部カットモデル、
SPARC64 X+ プロセッサとウエハ


SPARC M10-4 筺体内部の階層構造

今年のSPARC M10ブースのテーマは、「超高速データベース基盤で業務スピードを革新」。
基幹業務をはじめ、リアルタイムでのビッグデータ分析など、膨大なデータの高速処理が求められます。それを解決するため、垂直統合型商品としてSPARC M10をベースとした、高速Oracle Database基盤「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database」を発表しました。

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Database

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Databaseとは?

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEXは、富士通が提供する垂直統合型プラットフォーム商品のグローバル統一ブランドです。
そのラインナップにおいて、Oracle Databaseを高速化するための基盤として、FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Oracle Databaseを提供いたします。
PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、SPARC M10、ストレージ、Oracle Database、ネットワーク機器を組み合わせ、性能を最適化するためのチューニングを実施しています。富士通が長年培ったノウハウを活かし、システム構成をあらかじめパターン化して提供することで圧倒的な性能を短期間で実現します。


高速Oracle Database基盤
FUJITSU Integrated System
PRIMEFLEX for Oracle Database


FUJITSU Integrated System PRIMEFLEXの
ラインナップ


PRIMEFLEX for Oracle Databaseの特長

PRIMEFLEX for Oracle Databaseの速さの秘密

PRIMEFLEX for Oracle Databaseの速さの秘密は、サーバやストレージ単体の速さに加えて、それらの性能を最大限活かすチューニングを富士通で施すことにあります。

SPARC M10の特長であるSoftware on Chipや、高速・大容量メモリによる飛躍的な高速化について、デモを交えてご説明しました。

あっという間に稼働

PRIMEFLEX for Oracle Databaseは、あらかじめ最適な構成をパターン化しています。これにより、インフラ設計作業やデータベース設計の工数の削減が可能です。また、富士通の工場で構築済みの機器をお客様環境に搬入しますので、搬入後2日でお客様に引き渡した事例もあります。

稼働後も安心

データベースの自動バックアップ機能をあらかじめ設定しています。あらかじめ設定したタイミングに、自動でデータベースのバックアップを実行することができます。
また、万が一のトラブルの際にも全国2時間以内でオンサイト修理できるのでご安心ください。

Oracle Database システム 性能アセスメント

お客様のOracle Databaseシステムの性能アセスメントキャンペーンを実施中です。Oracle Databaseシステムの専任スタッフがお客様のシステムを診断します。2016年3月まで無償で実施しており、データベースの更新をお考えのお客様は、ぜひ弊社の営業にお声掛けください。

[診断の対象となるシステム]

  • Oracle Databaseで構築されたデータベースシステム
    (OSやハードウェアは問いません。)

展示デモ資料のダウンロード

SPARC M10ブースをはじめとする富士通フォーラム2015 東京で配布された資料は、以下からダウンロードしていただけます。

Oracle Corporationによる特別講演

Oracle Corporation(以下、オラクル)Chief Corporate Architectである、Edward Screven氏に登壇いただき、オラクルが誇る世界最先端のクラウドテクノロジーをお客様の成功体験を交えてご紹介していただきました。

Oracle Corporation 特別講演
タイトル The Oracle Cloud Strategy
Modern business and technology in the Cloud
講演資料 (2.90 MB )
スピーカー Edward Screven
Chief Corporate Architect
Oracle Corporation

オラクルと富士通の協業

まず、富士通 執行役員専務 河部本 章より、オラクル/Sun社との30年以上による協業についてご説明しました。

富士通とオラクルは、サーバ開発/OS開発に加え、データベース開発でも密接な連携を行っています。その結果、ソフトウェア処理の一部をSPARC64プロセッサ(ハードウェア)に組み込み高速化を実現する「Software on Chip」という画期的な機能を開発しました。


富士通 執行役員専務 河部本 章


オラクルと富士通の協業

河部本は、Edward Screven氏を檀上にお迎えし、固い握手を交わしました。


河部本とEdward Screven氏

Edward Screven氏による講演

オラクルと富士通の協業は、データベースやミドルウェア技術、SPARC/Solarisに基づいたクラウドインテグレーション、OpenStackなど多岐にわたります。その取り組みは、Fujitsu M10 やOracle SPARCサーバーにおけるSoftware on Chipなどの高速化技術として実を結んでいるとEdward Screven氏は語ります。今後も世界各国において、IoT、ビッグデータ、モビリティ、クラウドなどさまざまな分野での両社のコラボレーションは続きます。

(注)SPARC M10は、日本国外では"Fujitsu M10"という製品名称で販売しています。


両社協業の歴史


Edward Screven氏

Edward Screven氏は、オラクルはSaaS、PaaS、IaaS、DaaSのすべてのレベルで網羅的に提供できるクラウドベンダーであることをアピール。戦略やそれを支える技術について語りました。既存のオンプレミスとパブリッククラウドによるハイブリッドクラウド環境下で、お客様の資産を自由に行き来させられる移行性(ポータビリティ)の高さなど、オラクルが提供するサービスの特長を紹介しました。

Edward Screven氏にPRIMEFLEX for Oracle Databaseをご紹介

 

富士通の豊富なプラットフォーム製品群をご紹介!

プラットフォーム最適化および最先端テクノロジーコーナーでは、SPARC M10の他、垂直統合型プラットフォーム商品、メインフレーム、スーパーコンピュータ等の富士通の豊富な製品群を展示・ご紹介しました。


垂直統合型 仮想化・クラウド基盤
FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for Cloud


垂直統合型データベースシステム
FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for HA Database


メインフレーム FUJITSU Server GS21シリーズ


基幹IAサーバ FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000シリーズ


FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX100


メインフレーム FUJITSU Server GS21シリーズ

メディアレポート


OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)