GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Enterprise >
  7. ニュース&トピックス >
  8. 2009年 >
  9. Solarisユーザー必見! 富士通とオラクルによる、次世代インフラ構築に向けた移行ノウハウのご紹介

Solarisユーザー必見! 富士通とオラクルによる、次世代インフラ構築に向けた移行ノウハウのご紹介

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

Solarisユーザー必見! 富士通とオラクルによる、次世代インフラ構築に向けた移行ノウハウのご紹介

Solaris上でOracleをお使いのお客様へ、最新のSPARC EnterpriseとOracleDatabase11gの組み合わせによる、次世代インフラのメリットと、移行に関する情報をお伝えいたします。
システム仮想化によるサーバ統合、運用管理の効率化、データ管理コストの削減、セキュリティの強化等、従来のITインフラでは対応できなかった課題やニーズを、SPARC EnterpriseとOracleDatabase11gが解決いたします。
また、実際のOracleの移行案件における豊富な経験を交えながらスムーズな移行を行うためのポイントをご説明いたします。

開催スケジュール

日時 会場 お申し込み
(日本オラクル株式会社webサイトへのリンク)
8月19日(水曜日)
14時~17時5分
東京会場 富士通株式会社
Platform Solution Center
本セミナーは終了しました。
8月26日(水曜日)
14時~17時5分
東京会場 日本オラクル株式会社
オラクル青山センター
本セミナーは終了しました。

Faxでのお申し込み (127 KB)

開催概要

共催 富士通株式会社 日本オラクル株式会社
対象 SolarisサーバでOracle Databaseを使用している方
情報システム部の方、部門サーバの管理者の方
Solarisサーバの取り扱いのあるシステムインテグレーターの方
受講料 無料
定員 80名 注意定員になり次第締め切らせていただきます。
お問い合わせ 日本オラクル株式会社 セミナー事務局
E-mail:oracle-seminar_jp@oracle.com

カリキュラム

日時 内容
14時5分~14時55分 SPARC EnterpriseによるITコスト最適化に向けたデータベース・インフラ構築のご提案
小規模から大規模まで、データベースの規模に応じた拡張性と信頼性を実現するSPARC EnterpriseとOracle Database 11gによる最新ソリューションをご紹介します。
サーバ仮想化の観点から、サーバ運用における運用性の向上、コスト最適化を事例を交えてご紹介します。

富士通株式会社
プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部
志賀 真之
15時5分~15時55分 Oracle Database 11gによる次世代データベースシステムが実現するITコスト削減のご提案
最新のOracle Database 11gで実現するコスト削減施策をご提案します。
サーバ統合、データ管理コスト削減、運用管理コスト削減、セキュリティ強化をキーワードに、Oracle Database 11gで実現する手法をお客様事例などを交えてご紹介します。

日本オラクル株式会社
システム事業統括本部 データベース製品ビジネス推進本部
プラットフォーム・ソリューション推進部
エバンジェリスト 桑内 崇志
16時5分~16時55分 安全・確実・迅速なデータベース移行ソリューションのご紹介
Oracleデータベースの移行手法や技術的な留意点について、Oracle GRID Centerでの SPARC Enterprise + Oracle Database 11g大規模データベース移行検証結果を交えてご紹介します。
経験豊富なOralceデータベーススペシャリストが実施する、安全・確実・迅速なデータ ベース移行ソリューションをご紹介します。

富士通株式会社
ミドルウェア事業本部 サポート技術統括部
藤本 保彦
16時55分~17時5分 Q&A

(注) 全日程同様のカリキュラムです。