GTM-MML4VXJ
Skip to main content

日本オラクル社員犬 Candyの「はじめてのおつかい」第2回

SPARC Enterpriseの本体装置は販売を終了しました。
本製品の後継機種はSPARC Serversです。

第1回 第3回

第1回で忘れ物を発見したキャンディ。富士通 川崎工場に到着したものの、忘れ物の持ち主には会えませんでした。
どうやらキャンディは川崎工場の中を探検しているようです。

富士通を探検しよう!

広いお庭を走り回るのは、とっても楽しいなぁ~♪ そろそろ建物の中に入ろうかな。

あいさつも忘れずに

日本オラクルの社員犬 キャンディはとても礼儀が正しく、川崎工場の受付へあいさつに来てくれました。

こんにちは、日本オラクルのキャンディです。今日は忘れ物を届けにきました。お邪魔します!

受付のすぐ横に「Fujitsu Technology Hall」と書かれている看板を見つけたキャンディ。

おもしろそうだから行ってみよう!

テクノロジーホールを見学

Fujitsu Technology Hallでは、長年に渡る富士通の歴史と、時代を代表する富士通製品を紹介しています。また、最新のICT技術を活用した製品も展示されており、画期的なサービスに触れることができます。

わぁ~、とっても古い携帯電話、発見! この大きい携帯電話は「ショルダーホン」って言うんだね…。

日本初のリレー式コンピュータは、世界最古の動くコンピュータ

Fujitsu Technology Hallには、とても大きな装置が置かれています。
これは、50年以上前に富士通が作った日本初のリレー(電磁石)式コンピュータ FACOMで、世界最古の動くコンピュータです。

50年以上も動いてるのかぁ~。富士通さんは、ずっと前からすごいコンピュータを作っていたんだねぇ。

CPU開発ができる日本企業

現在、UNIXサーバ SPARC Enterpriseに搭載されているCPU SPARC64 VII+が開発されるまでの、富士通が開発したCPUの変遷が紹介されています。

サーバのCPUって、アメリカの企業数社と、日本の富士通しか作っていないんだって。知らなかったなぁ~。

メインフレーム向けのプロセッサを開発している富士通では、SPARC64 プロセッサにも、メインフレームに実装してきたRAS(信頼性、可用性、保守性)技術を採用しているので、信頼性が高いプロセッサを作ることができます。

みんな、わかった? 私にはちょっとムズカシイなぁ…。

富士通 川崎工場を探検するキャンディ。忘れ物、早く届けなきゃ!
続きは次回

富士通とオラクル社のアライアンス

当社とオラクルは、20年以上にわたり協調関係を築いてきました。
SPARC EnterpriseとOracle Solarisは、ハードウェア、OS、アプリケーションを含めたシステムの性能を最大限発揮するため、両社共同で開発を行っています。

製品情報

日本オラクル社 関連サイト

ORACLE MAGAZINE

キャンディの富士通来訪の様子は、ORACLE MAGAZINE(日本版 Vol.7 MARCH)の「社員犬 Candyのオフィス訪問」にも掲載されています。

社員犬 キャンディのプロフィール

電子版ムックのダウンロードや、オラクル入社式の様子が動画でご覧いただけます。