GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VMware 技術情報

VMware の性能はVMmark V2のベンチマークで評価できます。
VMmark V2 は、ハイパーバイザーを使用した仮想化ソリューションにおけるサーバ統合の適合性比較を行うために VMware が開発したベンチマークです。ベンチマークは、負荷生成用のソフトウェアに加えて、定義済み負荷プロファイルおよび規定されたルールで構成されます。VMmark V2 によって得られたベンチマーク結果は、VMware に提出しレビューを経た後に VMware のサイト上で公開されます。VMmark V2 では、2 台以上のサーバのクラスタが必要であり、仮想マシン(VM)のクローン作成とデプロイ、負荷分散、vMotion や Storage vMotion による VM の移動といった、データセンター機能も評価できます。

PCサーバ仮想化ソフトウェアVMwareは、サーバ1台から始められるサーバ仮想化ソフトウェアです。ハードウェア変更に柔軟に対応できる仮想化環境というニーズに応え、動的構成変更の範囲拡大によりエンドユーザの業務に影響することなく、サーバリソースだけでなくストレージやネットワークの構成変更や追加が可能です。 また、複数サーバの仮想化もスムーズに構築し、リソースを柔軟に管理するための多様な仮想化機能をもつVMware vSphereを活用することにより、効果的なTCO削減と運用管理の最適化を実現します。

VMware vSphereで仮想化システムを構築するには、仮想サーバ(ESXiサーバ)はもちろんのこと、仮想環境を管理するサーバ(vCenterサーバ)や複数の仮想サーバによる共有ストレージなどで構成されます。VMware vSphereの機能を十分活用する構築ガイドです。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-WW229Q