GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Citrix XenAppソリューション

シンクライアント + Citrix XenApp

ハードディスクを持たない「シンクライアント」なら、情報はすべてサーバに保存するため、クライアントの盗難や持ち出し等による情報漏洩を物理的に防ぐことができます。アプリケーションソフトもサーバ側で一元管理するため、バージョンアップ作業などを効率よく行うことができます。

さらにクライアントの保守管理にかかる手間・時間・コストを削減でき、TCO削減が計れます。


 

導入効果

シンクライアント+Citrix XenAppの組み合わせで、クライアント側に物理的にデータを持たない環境を構築することで、クライアントからの情報漏洩を防止することができます。

シンクライアントにはハードディスクが無く、Citrix XenApp—シンクライアント間は、画面操作ではキーボード / マウスの信号(クライアント→Citrix XenApp)と画面イメージの差分データ(Citrix XenApp→クライアント)が暗号化されて送受信されているので強固な情報漏洩対策が可能です。

【情報漏洩対策以外にも以下のような効果が期待できます】

  • PCアプリのバージョンアップなどクラアントソフトの保守作業は、Citrix XenAppのサーバだけで済みクライアント管理コストを削減します。
  • クライアントの故障や人事異動などで新しいクライアントに乗り換える場合も、新しいクライアントにCitrix XenAppへの接続設定を行えば、すぐにCitrix XenAppに接続して業務を再開できます。色々なアプリのインストールや設定作業の手間がかかりません。
  • 利用者のデータをファイルサーバに集約するため、従来のようにPC故障で保存していたデータが失われてしまうことはありません。ファイルの諸々の管理もファイルサーバに対して集中して行えばよくなります。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-WW229Q