GTM-MML4VXJ
Skip to main content

銀行内の認証システム、業務システムなどWindows Server 2003からWindows Server 2012 Hyper-Vの仮想環境に移行。
TCOの削減と信頼性向上を実現

株式会社佐賀銀行様 外観写真

株式会社佐賀銀行様 導入事例


佐賀銀行では、Active Directoryによる認証システム、営業店のファイルサーバや各種業務システムなどWindows Server 2003サーバを中心に運用してきました。しかし、Windows Server 2003のサポート期限が 2015年7月に迫る中、業務システムなど100台以上あるサーバの移行が課題となっていました。そこで、仮想化によるサーバ統合と集約を、Windows Server 2012のHyper-Vにより、富士通のPCサーバ FUJITSU Server PRIMERGYで構築することを検討し、Active Directoryによる認証システム、ファイルサーバ、一部の業務システムなど16台の仮想マシンを3台のホストで構築し2013年9月から運用を開始しました。その結果、TCOの削減が実現できました。この実績をもとに、佐賀銀行では、さらに仮想化によるサーバ統合を進めています。

[ 2014年8月8日掲載 ]

【導入事例概要】
ハードウェア PCサーバ:FUJITSU Server PRIMERGY RX300 S7
ストレージ:FUJITSU Storage ETERNUS DX80 S2
ソフトウェア Windows Server 2012 Datacenter (Hyper-V)
【課題と効果】
1 ハードウェアとソフトウェアの保守期間の違いによる二重投資を避けたい 仮想化基盤によりハードウェアとOSのライフサイクルを分離。コストを削減
2 アプリケーション導入時の検証や評価のコストを抑えたい 仮想環境での低コストで迅速なシステムの検証や評価の実現

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

Windows Server 2003のサポート終了を前に、サーバ百数十台の次期OS移行検討を開始

佐賀銀行(以降同行)は 1882年(明治15年)に創業。佐賀県、福岡県、長崎県を中心に計100か所の営業店を持つ地方銀行です。同行は平成25年4月から平成28年3月までの第14次中期経営計画で『元気で暖かい銀行、どこか違う銀行』を目指して、顧客と向き合い、つながりを強めることなどを基本方針に事業を展開しています。

株式会社佐賀銀行 システム部システム企画・開発グループ 副調査役 林田 浩明 氏の写真
株式会社佐賀銀行
システム部
システム企画・開発グループ
副調査役
林田 浩明

そのために、同行では、インターネットバンキングなどによるダイレクトチャネル、携帯電話やタブレットを活用した顧客に密着した効率的な営業活動、テレビ会議、Web会議を活用した顧客に対する専門的な相談などの実現に向けた取り組みを進めています。ITインフラはこうした事業活動を支える最も重要な基盤であり、同行ではその強化のためにさまざまな施策を実行しています。佐賀銀行 システム部システム企画・開発グループ 副調査役 林田 浩明 氏が語ります。

「当行の情報系の業務システムで利用しているサーバは全部で百数十台ありますが、ほとんどがWindows Server 2003で稼働しています。2015年にはWindows Server 2003のサポート期限を迎える中で、Windows Server 2012への移行が必要と2013年春ごろから検討を始めました」

導入の経緯

保守を含めた総合的なシステムの信頼性から、サーバに富士通のPRIMERGYを採用。Hyper-V でサーバを仮想化集約し、TCO削減をめざす

同行がWindows Server 2012への移行において、最も期待したのが仮想化によるTCO削減です。従来、サーバを更新する場合、一般的にOSも移行するため、アプリケーションやシステム全体を新しいOSに移行するためのコストが発生していました。
そこで、営業活動強化のために必要なシステムを仮想環境で構築、展開すると共に、営業店で使い慣れていて、機能追加が不要な業務システムはそのまま使うようにして、コストの削減を図ろうと計画しました。この仮想化基盤として、仮想化機能が強化されたWindows Server 2012のHyper-Vを採用したのです。

「Hyper-Vに決めたのは、コストメリットを一番大きく得られると考えたこと、そして、当行のサーバはWindowsが全体の95%以上を占めているため、業務システムとの相性も良く、同じWindows製品なので、トラブルが起きても、問題解決が容易だと考えたからです」(林田氏)

その上で、仮想化基盤上で仮想マシンを無制限に作ることができるコストパフォーマンスの良さから、Windows Server 2012 Datacenterを採用。サーバには、富士通の2WAYラックマウント型サーバ PRIMERGY RX300 S7を選びました。

「富士通製品を選んだのは、営業店端末の保守もすべてお願いしており、保守サポートに絶対的な信頼を置いているからです。ハードウェアの信頼性も高く、安心して使うことができます。保守・運用面では、標準搭載されているサーバ監視ツール「ServerView Operations Manager」で視覚的にわかりやすくサーバの状態把握ができ、表示されている故障情報をCEに伝えると、その情報を基に該当する部品を持ってきてくれて、何回も行き来することなく迅速に対応してくれます」(林田氏)

システム概要

3台のサーバとストレージによる仮想化で、16 台の仮想マシンがトラブルなく順調に稼働

同行では、2013年9月にWindows Server 2012 Hyper-Vによる仮想化運用を開始し、10月にActive Directoryによる認証システムを移行しました。また、Windows Server 2003だったExchange ServerもWindows Server 2012に切り替えて、仮想化基盤に移行。そのほか、営業店のファイルサーバやパソコン更改に伴うウイルス対策ソフト、セキュリティソフトなどのサーバも仮想化しました。
こうして、現在、PRIMERGY RX300 S7を3台とSAN接続された富士通のストレージ FUJITSU Storage ETERNUS DX80 S2で構成された仮想化上で、16台の仮想マシンが稼働しています。そして、各サーバはMicrosoft System Center 2012 Datacenterで監視しています。

「現在はサーバ3台で構成されていますが、富士通には柔軟にかつ迅速にサーバを随時増設できるようなシステム構成を提案してもらっています。富士通は、当行の業務を広く理解し、実用的で先を見据えた提案をしてくれます」(林田氏)

Windows Server 2012による新しい情報系システムの概念図
Windows Server 2012による新しい情報系システムの概念図

導入効果と今後の展望

さらなる業務システムの仮想化で、一層のコスト削減を実現。新たにポータルサイト再構築を計画

同行では、当初の計画どおり、Windows Server 2012への移行によって、コスト削減を実現できる見通しです。

「最新OSである Windows Server 2012を使うことによる安心感はたいへん大きなものがあります。その上で、ハードウェア保守が切れるシステムも仮想環境に移すことができるので、仮想化しておいて、じっくりと方針を考える余裕が生まれます。今回、新しいウイルス対策ソフトを導入しましたが、従来であれば、導入評価を行う際にも、サーバを新しく立てなければなりませんでした。しかし、仮想化基盤の上で評価すればよいため、ハードウェア コストは最小限で済みます。実際、今回仮想化した格付自己査定システムもSystem Centerの P2V機能を使って、簡単に仮想化することができました。今後サーバの仮想化が進むと、システム コストの削減が可能になることは確実です」(林田氏)

現在、複数の業務システムの主管部門から移行提案がシステム部に寄せられており、2015年にかけて、さらに仮想化基盤への集約が進んでいきます。その結果、サーバリソースが足りなくなるため、佐賀銀行ではPRIMERGYを増設すると共に、System Centerも営業店のクライアント PC のリモート保守に使っていく考えです。
同行では、業務システムの仮想化基盤への集約が落ち着いた段階で、営業部門へのタブレット端末の配布と情報共有のレベルアップに取り組んでいく方針です。現在使っているポータルサイトはコンテンツを追加していくだけのしくみであるため、活用状況が把握できないなどの課題があります。そこで、平成27年度にはポータルサイトを再構築し、本部の各部門や支店長などからの情報を営業店の行員に見やすいようにして、情報共有の徹底と効率化を図っていきます。

【株式会社佐賀銀行様 概要】
本店所在地 佐賀市唐人二丁目7番20号
設立 昭和30年7月11日
資本金 16,062百万円(平成26年3月31日現在)
従業員数 1,441名(平成26年3月31日現在)
主な事業内容 銀行業、登録金融機関業務
ホームページ 佐賀銀行様のロゴマーク
佐賀銀行様 ホームページOpen a new window

【ご紹介した製品・サービス】

【導入事例(PDF版)】

Windows Server 2003をお使いの皆様へ

2015年7月15日をもって、Windows Server 2003のサポートが終了しましたできるだけ早く最新のOSへの移行をご検討ください

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-WW229Q