GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Windows Server 2003の特許管理システムをWindows Server 2012 R2搭載のFUJITSU Server PRIMERGY RX100 S8にリプレース。OS基本導入サービスを活用し、OSセキュリティ更新プログラムを適用してお届けすることで、導入工数を削減

イメージ画像

関西ペイント株式会社様 導入事例


総合塗料メーカーの関西ペイントでは、研究・開発活動の成果に基づいて特許出願が検討され、知的財産室は、各国特許庁への特許出願、中間手続、権利化後の年金支払いを行っています。知的財産室ではそれらを特許管理システムで管理してきましたが、Windows Server 2003をOSとするシステムで、サポート終了が迫っていたため、リプレースを決定しました。新しい特許管理ソフトを搭載するサーバに、FUJITSU Server PRIMERGY RX100 S8を選び、OSインストールだけでなく、OSセキュリティ更新プログラムをあらかじめ適用してお届けするOS基本導入サービスを利用しました。システムは順調に稼働しており、セキュリティ上のリスクも軽減されたことから、知的財産室ではできるだけ長期間にわたって、安定的に利用していきたいと考えています。

[ 2015年9月8日掲載 ]

【導入事例概要】
ハードウェア PCサーバ:FUJITSU Server PRIMERGY RX100 S8
ソフトウェア Windows Server 2012 R2 Standard
サービス OS基本導入サービス(Windows Server 2012 R2 Standard)
【課題と効果】
1 システム導入の作業負担を減らしたい OS基本導入サービスにより、導入の手間を省き、短期間でシステム稼働へ
2 セキュリティ対策を強化したい セキュリティが強化された最新OSの利用により堅牢なシステムを実現
3 リプレースしたシステムを長期間継続的に利用したい ハードウェア、OSを最新にすることで長期にわたり安定稼働するシステムを実現

icon-form 本事例に関するお問い合わせ

導入の背景

長年にわたる研究・開発活動の成果を権利化し、知的財産としてシステムで管理

関西ペイント株式会社(以降、関西ペイント)は、1918年に設立され、1926年には国産初のラッカー「セルバ」の開発に成功するなど、総合塗料メーカーとして、自動車向けを軸に工業、建築などの業務用と家庭用の塗料を製造・販売してきた企業です。塗料は高分子化学を駆使したファインケミストリー製品で、同社の「セルバ」は原料として油脂をまったく含まず、塗膜形成の要素に天然物質を利用していた当時の塗料メーカーに衝撃を与え、日本の塗料工業を化学工業の領域に到達させた製品として高く評価されています。

関西ペイント株式会社 R&D本部 知的財産室第1部 課長 林 至宏 氏の写真
関西ペイント株式会社
R&D本部 知的財産室第1部
課長
林 至宏

こうした歴史の上に、関西ペイントは常に進取の精神で研究・開発に臨み、従来にない技術や製品の開発に取り組んでいます。そのために、研究・技術部門で、基盤技術、塗料技術、塗装技術、色彩技術とデザインの各分野における研究活動を行い、最近では常温乾燥型塗料に適用可能な省工程化に大きな効果を発揮する傾斜構造塗膜技術や環境負荷の高い重金属に替わる防錆物質による下地塗装などの開発に成功しています。
こうした新技術の基礎となるさまざまな研究・開発の成果は、R&D本部 知的財産室に集約され、そこで権利化に向けた取り組みが行われています。関西ペイント R&D本部 知的財産室第1部 課長 林 至宏 氏が語ります。

「知的財産室では、特許管理システムを使って、特許等を取得するために作成した各種書類や各国特許庁から受領した庁書類、審査を通り登録された特許権や実用新案権、意匠権の管理を行っています」

導入の経緯

FUJITSU Server PRIMERGY RX100 S8をプラットフォームに、特許管理システムをリプレース

特許管理システムは1990年代から使われてきましたが、2007年にWindows Server 2003を搭載したサーバ上で稼働するアプリケーションを導入、Web化しました。以来安定運用してきましたが、2015年7月にWindows Server 2003のサポートが終了することから、システムリプレースの検討に入りました。その際、アプリケーションはそのままでも、OSをWindows Server 2008ないし2012にすると、アプリケーション側でも作り込みが発生し、費用がかかることがわかりました。そこで、ハードウェア/OS/アプリケーションを含めたシステム全体をリプレースすることにしました。

「使い勝手やコストなどを検討して、新しいアプリケーションを選んだのですが、今までのように、アプリケーションとハードウェアがセットで提供されるシステムではありませんでした。そのため、ハードウェアも含めてソフトウェアベンダーに任せるわけにはいかず、ハードウェアは私たちの方で選ぶ必要が出てきたのです」(林 氏)

そこで、知的財産室ではハードウェアについて、アプリケーション側で要求される仕様にもとづいて、サーバ市場シェアが高い富士通などから数製品を候補に選びました。そして、その結果、選ばれたのがWindows Server 2012 R2 Standard搭載のPRIMERGY RX100 S8でした。関西ペイントでは、研究・技術部門の独自システムは技術統括管理部が運用しています。
関西ペイント R&D本部 技術統括管理部 情報管理グループ 遠藤 勝也 氏が語ります。

関西ペイント株式会社 R&D本部 技術統括管理部 情報管理グループ 遠藤 勝也 氏の写真
関西ペイント株式会社
R&D本部 技術統括管理部
情報管理グループ
遠藤 勝也

「今まで、研究・技術部門では、ほとんど富士通サーバの導入・運用経験がありませんでした」

今回のPRIMERGY RX100 S8はOS基本導入サービスを利用して、納入されています。このサービスは富士通の製造工場で、事前に設計された各種OSパラメーターで構築、およびOSセキュリティ更新プログラムを適用し、お届けすることで、OSインストールに必要なお客様作業の手間を省き、安定したシステム稼働品質を短期間で提供するサービスです。

「サーバにOSがインストールされた形で納入されるのは一般的かもしれませんが、OS基本導入サービスはOSセキュリティ更新プログラムの適用まで行われているので、導入までの工数をさらに省くことができました」(遠藤 氏)

システム概要

信頼性の高いWindows Server 2012 R2によりセキュリティを強化

こうして構築された特許管理システムは、PRIMERGY RX100 S8上で順調に稼働しており、本体はサーバ室に設置され、知的財産室で管理しています。研究・技術部門のユーザーはイントラネットを介してアクセスし、情報を閲覧しています。

「Windows Server 2012 R2は信頼性が高く、安定して稼働していますし、OSセキュリティ更新プログラムもきちんと適用されて、セキュリティも強化されました。また、ハードウェア障害は1回も起きておらず、心配なく使うことができています」(遠藤 氏)

技術統括管理部では、2000年頃から、研究・技術部門で使われるシステムをストレージエリアネットワーク(SAN)で構築し、運用してきました。しかし、運用コストが膨らみ、サーバを更新する際の費用も大きな額になることから、2010年頃、システムごとにミドルサイズのIAサーバを使う分散型に切り替えました。これによって、初期導入コストも低く抑えることができ、万一トラブルが発生しても対応が容易で、管理しやすくなりました。今回の特許管理システムもその流れの中で導入、運用されています。

導入効果と今後の展望

最新OSの採用により、長期間にわたる継続的な活用をめざす

知的財産室では、今回システムをハードウェアからアプリケーションまですべて入れ替え、最新のWindows Server 2012 R2にしたことで、ハードウェアの保守期限切れまで長期にわたり、システムを安定的に使うことができると考えています。

「アプリケーションはそのままで、ハードウェアを更新するだけでも、結構な労力と費用がかかりますので、今のシステムでなるべく長く使いたいと考えています。リプレース前のシステムは導入時Windows Server 2008に対応していなかったので、わざわざWindows Server 2003にダウングレードしました。それによって、最初から利用期間を短くしてしまったわけですが、Windows Server 2012 R2は最新のOSなので、長く使うことができると考えています」(林 氏)

また、ハードウェアの保守サポートについても富士通への期待は高いものがあります。「サポートはほとんどが電話でのやりとりなので、対応する技術者のスキルが一番問題です。高い技術力を持ち、上手にコミュニケーションできる人が望ましく、富士通はそうした技術者がいるだろうという、よい印象を持っています」(遠藤 氏)

知的財産室では、新しい特許管理システムは、使い勝手がよく、パフォーマンスも良好なことから、ユーザーが効率的に業務を進めることができると考えています。

OS基本導入サービス適用イメージ
OS基本導入サービス適用イメージ

【関西ペイント株式会社様 概要】
設立 1918年5月
資本金 25,658百万円
従業員数 12,086名(連結ベース、2015年3月31日現在)
本社所在地 大阪市中央区今橋二丁目6番14号
ホームページ 関西ペイント株式会社様のロゴマーク
関西ペイント株式会社 ホームページOpen a new window

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

FUJITSU Server PRIMERGYに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-WW229Q