Skip to main content

Fujitsu

Japan

FUJITSU Server PRIMEQUEST 3000シリーズ Linuxによる基幹システムに向けた富士通の取り組み

富士通では、オープンソースソフトウェアであるLinuxをICTシステムの基盤OSの1つと位置づけ、ミッションクリティカルシステムに向けた機能強化のために富士通のノウハウを開発コミュニティーに提供、貢献しています。また、Linuxを基幹系システムで利用するための技術開発を続けています。

 保守性の強化 |  拡張性の強化 |  信頼性の強化 |  Linux OSサポートの充実 |  インストール支援ツールの提供 |  RHELの仮想化機能の提供 |  検証/評価 

保守性の強化

基幹システムにおいてトラブル発生時の迅速な原因究明は必要不可欠です。原因究明に必要なダンプ採取の失敗はトラブル調査の長期化に繋がります。富士通はLinux開発コミュニティーと連携してダンプ機能の継続的な改善に取り組んでいます。 Linuxに標準装備のダンプ機能であるkdumpについて、基幹IAサーバPRIMEQUESTや PCサーバPRIMERGYと各I/Oデバイスとの組合せ検証を行い、十分な品質を確保しています。さらにPRIMEQUESTでは、メインフレームクラスのサーバのみが備えるスタンドアロンダンプ(sadump)を提供しています。sadumpは、Linuxに標準装備のkdump機能では採取できないタイミングでのダンプも採取することが可能です。

PRIMEQUESTのダンプ機能

  • kdump
    ダンプ専用カーネルを採用することで、カーネルの状態に関わらず、より確実・高速にダンプを採取可能
  • sadump(PRIMEQUESTハードウェア機能)
    OSの種類や動作フェーズ、トラブル状況に関わらずダンプを採取可能

(注1)RHEL : Red Hat Enterprise Linux、SLES : SUSE Linux Enterprise Server

拡張性の強化

大規模基幹システムでは、ストレージなど周辺装置を大量に接続する必要があります。従来のLinuxでは接続できるデバイス数に制限があったため、たとえば冗長化や負荷分散のためにサーバ-ストレージ間をマルチパス接続する必要がある場合などに論理ボリューム数が不足するなどの問題が発生していました。富士通はこの問題を解決するためOSで扱えるデバイス数の拡大に取り組み、1万以上のデバイス接続を可能としました。またデバイス保守時に必須となるデバイス名の一貫性保証機能やマルチスレッド環境でのトータル処理性能を改善するスレッドセーフ機能の実現にも貢献しています。

信頼性の強化

クラスタ高速切替機能の提供(注1)

富士通の高信頼ソフトウェア「PRIMECLUSTER(プライムクラスタ)」とハードウェア、OS、およびHBA閉塞ドライバの連携により、クラスタの現用待機切り替え時間を大幅に短縮しました。

  • ノード異常の通知機能:ダンプ処理開始前にクラスタ切り替えを待機系に指示
  • 異常ノードの停止機能:HBA閉塞ドライバにより、異常ノードのデバイスアクセスを禁止(現用系の要求済みI/O処理の取り消しと新規要求禁止)する一方、ダンプ処理のみ継続
  • 現用系のI/O処理待ち時間を無くし、クラスタ切替え時間を短縮

クラスタ高速切替機能

(注1) Red Hat Enterprise Linuxでの提供となります。

Linux OSサポートの充実

富士通では、Linuxシステムを安心安全にお使いいただくために、Linux OSサポートを継続して改善しています。例えば、基幹システム向けのサポート対象OSコマンドを順次拡大し、商用unixでのOSサポートと同等レベルとする予定です。合わせて、幅広いLinux活用シーンに合わせ、サポート対象OSSも順次拡大していきます。
また、OSC(注1)がお客様のLinuxシステムの安定稼動と円滑な保守運用を支援します。

  • 問題解決支援
  • お客様専用ホームページによる情報提供
  • インストール用媒体とサブスクリプション(利用権)の提供
  • アップグレード版(バージョンアップ/レベルアップ)の提供
  • 基幹システム向けのバージョンアップと修正の提供(一括修正/EUS)

(注1)One-stop Solution Center(SupportDeskご契約のお客さま専用の総合サポートセンター)

システム導入・構築を支援するツールの提供

システム構築におけるOSインストール作業について、設定や手順を誤りなく簡単に行うためのツールを提供しています。

ServerView Installation Manager

OSをインストールするにはServerView Installation Manager(SVIM)を使用します。SVIMは以下の操作を一括して行うセットアップ支援ツールです。

  • OSのインストール
  • OSが必要とするドライバのインストール
  • 運用を支援する添付ソフトウェアのインストール

富士通Linuxサポートパッケージ(注1)

富士通ミドルウェアが必要とするOSパッケージ、および富士通がOSサポートを行う上で必要となるOSパッケージのインストールとシステムパラメタなどのOS設定を簡単に行うツールです。本ツールの利用により、簡単に富士通推奨のシステム構成にすることができます。

(注1) Red Hat Enterprise Linuxでの提供となります。

Linuxの仮想化機能の提供

Linux のVirtualization(バーチャライゼーション)機能として、KVM(Kernel based Virtural Machine)およびXen(注1)が利用できます。

(注1) SUSE Linux Enterprise Serverでの提供となります。

検証/評価

FUJITSU Digital Transformation Center

オンプレミス・クラウド、さまざまな環境で事前に 動作・性能確認!構成の最適化!

FUJITSU Digital Transformation Center は、富士通の最新のプラットフォーム製品をそろえた国内最大規模のショールーム / 検証サポート施設です。OSSの整合性や性能等を検証する場としてご利用いただけます。
当施設では、クラウド・コンピューティングを支える最新のテクノロジーをはじめ、仮想化技術やサーバ統合などのICTインフラの最適化、導入後のライフサイクルを通した統合管理による運用最適化などを、実機やネットワーク経由で検証/ベンチマーク、デモンストレーション、セミナーなどを通してお客様に確認・体感いただけます。

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)