GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 3000シリーズ 機能・アーキテクチャー サーバ管理専用ユニット MMB

PRIMEQUESTには装置全体を管理するMMB(サーバ管理専用ユニット)が搭載されています。 MMBは専用のCPUやメモリを持ち、MMBファームウェアが動作しています。 MMBファームウェアはWebユーザインターフェイスを提供しており、 接続したPCなどからPRIMEQUEST管理操作を可能にします。 PRIMEQUEST筐体とパーティションごとのリモート操作が可能となり、 複数業務が稼動するPRIMEQUESTを効率的に管理することができます。
PRIMEQUESTはMMB Web-UI画面による操作が基本となっており、 ハードウェアの状態監視や構成情報表示、エラー情報表示、パーティション管理、 ネットワーク管理、電源制御などの運用管理機能を備えています。
また、PRIMEQUESTでハードウェア故障などのイベントを検出すると、 運用管理ソフトウェアへのSNMP Trap通知やシステム管理者へのメール通知を設定することができ、 常に画面を監視していなくても異常を知ることができます。

主な機能

  • メインラインスイッチ電源投入後のシステム全体またはパーティションの電源投入と切断
  • ファンや電源系ユニット、SB、IOユニットなどの全コンポーネントおよびコンポーンネント内のCPU、メモリ、HDDなどユニットの構成表示と故障や異常の監視
  • 各パーティションのハードウェアの一元管理・監視、構成変更
  • Webサーバを内蔵しており、リモートPCのWebブラウザ (GUI) から簡単操作
  • ログ採取・表示、イベントの通報(E-mail通知、SNMP Trap)

ServerView Agentless Service

ハード監視のためのAgentソフトウェアを導入せずに、MMBで統一したハードウェア監視を実現

  • サーバにAgentを導入するコスト/Agentの運用、保守管理コストの低減
  • ホスト上の監視プロセスによるパフォーマンス低下の回避
  • 業務用ネットワークの負荷とセキュリティ問題を回避

主な監視項目

  • システムボード上のCPU/DIMMとその他のLSI
  • アレイコントローラカード、内蔵ストレージ
  • IOUおよびPCIボックスに搭載したPCIカード
  • 筐体/ユニット各部の温度/電圧、ファンの回転数

高セキュリティ

  1. 独自プロトコルで内蔵管理LAN通信を行い、標準プロトコル前提のアタックを阻止し、パーティション間の汚染伝搬を防止
  2. サーバ管理インターフェース(Web Server、SNMP)をMMBに封印し、セキュリティホールの温床をブラックボックス化
  3. 特定のパーティションの操作のみ許可されたユーザ定義を追加。パーティションに対する誤操作や悪意を持った操作を防止

リモートコンソール(Video redirection)

管理LAN経由でMMBへ接続したリモートPCのWebブラウザで、OSコンソール機能もサポート
(BIOS、ブルースクリーン表示等のOS保守も可能)

  • 各パーティションのハードウェア制御とOS制御をPC1台に集約
  • OSコンソール (ディスプレイ装置) の物理的制約 (接続距離・設置場所) から解放
  • バーチャルメディア機能により、リモートPCの光学ドライブなどをPRIMEQUESTのパーティションから利用可能

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)