GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 3000シリーズ ベンチマーク結果一覧

これまでに公開されたPRIMEQUESTの性能・ベンチマークに関する情報です。

[ 2018年3月23日 更新 ]

  SPECrate 2017 Integer | SPECrate 2017 Floating Point | SPECint_rate2006 | SPECfp_rate2006 


SPECrate 2017 Integer

測定マシン

PRIMEQUEST 3800E

測定結果

SPECrate2017_int_base = 1170

[ 測定環境 ]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterpriser Server 12 SP2

[ 備考 ]


SPECrate 2017 Floating Point

測定マシン

PRIMEQUEST 3800E

測定結果

SPECrate2017_fp_base = 977

[ 測定環境 ]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2

[ 備考 ]


SPECint_rate2006

測定マシン

PRIMEQUEST 3800E

測定結果

SPECint_rate_base2006 = 11300

[ 測定環境 ]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2

[ 備考 ]


SPECfp_rate2006

測定マシン

PRIMEQUEST 3800E

測定結果

SPECfp_rate_base2006 = 7120

[ 測定環境 ]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2

[ 備考 ]

ベンチマークテストについて

SPEC CPU2017
CPU/メモリ/コンパイラの性能を整数演算および浮動小数点演算により評価するベンチマークです。
「SPECspeed 2017 Integer」と「SPECspeed 2017 Floating Point」は単一ジョブ処理性能を 比較するためのベンチマークです。
「SPECrate 2017 Integer」と「SPECrate 2017 Floating Point」はスループットや時間当たりの 処理数を計測するためのベンチマークです。
SPECはSPEC CPU2017のリリースにより、SPEC CPU2006の利用を停止しました。
SPEC CPU2006
CPU/メモリ/コンパイラの性能を整数演算および浮動小数点演算により評価するベンチマークです。
「SPECint2006」と「SPECfp2006」は単一ジョブの処理速度を見積もる目安となります。
「SPECint_rate2006」と「SPECfp_rate2006」はシステム処理性能を見積もる目安となります。

SPECについての詳細な情報は、SPEC公式サイトをご参照ください。

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)