GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通サーバ ISV/IHV技術情報
お客様とシステムをシームレスに繋ぐ、プロフェッショナルのインターフェースソリューションを提供


ATENジャパン株式会社 様

2010年10月26日

Interface Solution

はじめに


ATENジャパン株式会社
営業本部 営業部 チャネル課
桑江 良智氏

電源やネットワーク装置等と大きく異なり、サーバをアクセスするためにお客様が常に触れられるKVMスイッチ。
昨今、モデル/OSの異なる様々なサーバが混在するシステム環境が多い中、お客様に優れた操作性を提供できるマルチプラットフォーム対応のKVMスイッチ製品が求められています。
サーバ周辺装置としての高い機能、工業製品としての信頼性、そしてコストパフォーマンス、この三つを高い次元で融合させたKVMソリューションなどを提供する、ATENジャパン株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:Jerry Liu、以下ATEN)営業本部 営業部 チャネル課 桑江良智氏に当社との取り組みについてお話をお伺いしました。

ソリューション提案

富士通からはコンピュータシステム開発への熱意と誇りが伝わってくる

国産のサーバベンダーとして、常にシェアトップに位置する富士通。そのコンピュータ開発の歴史を見ても、日本初のワークステーション開発、インテルアーキテクチャーによるPCサーバ、オラクル社との協業によるUNIXサーバと、多彩なプラットフォームを提供する技術開発への熱意をひしひしと感じます。また、高い製品信頼性を裏付ける品質管理への努力、昨今の企業の社会的責任(CSR)の流れをリードする企業を取り巻く社会・生活・地球環境の維持・向上への取り組みは、ATENが取り組むクラフトマンシップ(高度な技術、品質の追求)、グリーンプロダクトの推進をするうえで、とても参考になります。

富士通のサーバラインナップを支える、入力装置開発のプロフェッショナルであるATEN


写真上:
富士通サーバ検証済のKVM装置「KN4140v」
写真下:
KN4140vでの画面分割表示機能イメージ

システムの主役は、もちろんサーバが提供する「サービス」そのものです。ATENが提供するKVMスイッチは、そのサービスを安定稼働させる為の周辺装置の一部として働いています。
そのKVMスイッチは、電源やネットワーク装置等と大きく異なり、お客様が常に触れる「マン・マシンインターフェース」であり、お客様にストレス無く、シームレスにシステム全体が制御できる優れた操作性を提供する必要があります。
富士通は非常に多彩なサーバプラットフォームのラインナップを用意しており、複数のプラットフォームを必要とするお客様に対し、ATENが提供する「KVMソリューション」と富士通サーバとの組み合わせにより、ベストな操作環境が提供可能と考えます。

KVMスイッチのアナログタイプからデジタルタイプへのシフト

ATENはKVMスイッチの専業メーカーとして、大部分の開発リソースをお客様の利便性に貢献するインターフェース向上のために注いでいます。お客様要件は非常に多様であり、サーバ増設ひとつとっても、全くの新規導入という案件はほとんどありません。多くのお客様は既存資産を活かしつつ、新規サーバでシステム全体の増強を図ります。
複数のプラットフォームを統合できるATEN製品ならではの強みが活かされた事例があります。
ある研究開発施設で、富士通の最新サーバと、他社の既存サーバ(OSのサポートも終了したサーバ)を統合して、KVM最新のOver IPリモート運用をご要望のお客様がありました。事情を伺うと、研究に必要な大型の解析装置を動かすためには、どうしても既存サーバが必要であるとの事。そこで、富士通検証センターにて既に検証済みで、なおかつ旧サーバでも動作実績があるATENの「KVMソリューション」をご提案し、無事、お客様のご要望に応えることができました。
ATENは「KVMソリューション」のリーディングカンパニーとして、ワールドワイドの市場に対応すべく、台湾、カナダ、上海の3開発拠点で日夜、技術開発に取り組んでいます。KVMスイッチは従来のアナログタイプから、サーバ画面をIPネットワーク経由で呼び出して操作するというデジタルタイプへシフトしつつありますが、日本市場では海外に 比べてその遷移が遅れています。全てのお客様にメリットをもたらすKVMスイッチのデジタル化を進めることが、ATENの目下最大の課題であり、使命であると考えます。今後も、富士通サーバとの組み合わせにより、お客様に安心してATENの「インターフェースソリューション」をご利用いただけるよう、製品開発に取り組んで参ります。

お問い合わせ先

ATENジャパン株式会社 営業本部 営業部 チャネル課
icon-telephone 03-5615-5810
icon-mail sales@atenjapan.jp
Webサイト:http://www.atenjapan.jp/Open a new window

注意事項

  • 本サイトでは、富士通のサーバ製品への適用サポートを表明されている各ベンダー様よりご提供いただいた情報を掲載しております。
  • 掲載製品は、適用サーバ製品の全モデルをサポートしていない場合があります。製品の情報、検証事例、製品の導入およびサポート等については、各ベンダー様の提供する範囲となりますので、詳細につきましては各ベンダー様へお問い合わせをお願いいたします。
    なお、一部旧社名/旧製品名のまま掲載しており、記載の連絡先にお問合せいただけない場合がありますが、予めご了承ください