GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server GS21
ニュース(新製品発表)

富士通メインフレーム GS21 3600/3400モデルグループ


次世代の基幹業務システムを支える「GS21」の新モデルを販売開始


当社は、メインフレーム製品の「GS21」シリーズを刷新し、超大型機「FUJITSU Server GS21(フジツウ サーバ ジーエス21) 3600モデルグループ(以下、GS21 3600)」および中・大型機「FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ (以下、GS21 3400)」を、2018年4月17日より販売開始します。あわせて、新モデルに対応したソフトウェア「FUJITSU Software GSS21sx V20(フジツウ ソフトウェア ジーエスエス21エスエックス バージョン20、以下、GSS21sx)」の販売も開始し、オープンシステムとの連携をさらに強化します。

新モデルは、従来モデルに比べCPU性能が最大約20%向上し、設置面積が最大約40%縮小します。これにより、システムの集約・拡張性が向上し、デジタル化の進展に伴うデータ量の増大に対応できます。また、基幹業務システム管理における不正操作を防止するなどセキュリティをさらに強化し、データセンターなどにおける次世代の基幹業務システムを支えます。

また、お客様のメインフレーム継続のニーズに対応するため、中長期ロードマップを刷新し、2030年以降もメインフレームの継続提供と強化を保証します。

富士通メインフレーム GS21 3600/3400モデルグループ

本商品の特長

性能の向上

従来モデルに比べCPU性能が最大約20%向上しており、マルチクラスタシステムでは、システム記憶装置(SSU)へのアクセス回数を削減することで、トランザクション処理性能を高めています。これにより、デジタル化の進展に伴うデータ量の増大に対応できます。

オープン連携・セキュリティ・設置性の強化

オープンシステムからメインフレームデータベースへのリモートアクセス機能を基本ソフトウェアとして標準搭載するとともに、ファイル転送機能の強化により、XSP(注1) OS上でも最大280GBのデータを一括で転送できます。

また、SVPMコンソール(注2)では、ユーザ権限と証跡ログの管理により、不正操作の抑止や検出が可能です。 「GS21 3400」では、マルチクラスタシステムにおいて1筐体に2クラスタが搭載可能となり、設置面積を最大約40%縮小できます。さらに、オールインワンモデル(注3)では、周辺装置(注4)も筐体内に搭載でき、省スペースを実現します。

中長期ロードマップ

ミッションクリティカルな環境では、今なおメインフレームは必要不可欠な存在です。当社は、2030年以降も継続提供する製品ロードマップを新たに定め、メインフレームの継続利用を求めるお客様や基幹業務システムとデジタル技術の融合による新しいサービスの創出に取り組むお客様のニーズに応えるべく、製品を提供し続けます。

富士通メインフレーム長期ロードマップ

[画像のクリックで拡大表示]

新製品の詳細情報

GS21 3600モデルグループ

GS21 3600モデルグループ(全20モデル)

GS21 3400モデルグループ

GS21 3400モデルグループ(全22モデル)

GS21 3400モデルグループ オールインワンモデル(全8モデル):
出荷開始時期(2019年1月)

ソフトウェア製品

注釈

注1 : 「XSP」
メインフレーム中・大型機用OS「OSIV/XSP」の略
注2 : SVPMコンソール
マルチクラスタシステムの操作・構成制御・監視を行うコンソールサブシステム
注3 : オールインワンモデル
シングルクラスタ限定モデル
注4 : 周辺装置
ディスクストレージ装置、テープ装置、コンソール装置
注5 : Digital Co-Creation
デジタル技術による変化/革新を活用し、お客様との共創を推進していくこと

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。