イメージスキャナー 集中管理ソフトウェア
Scanner Central Admin

「Scanner Central Admin」は、スキャナーの設定情報・ドライバの一括アップデートや、複数台のスキャナーの集中管理・監視ができます。
本ソフトウェアの利用により、スキャナー導入時の管理/運用コスト削減、メンテナンス/保守対応工数削減などのメリットがあります。(注1)

  • (注1) スキャナーまたはユーザーごとに、Windowsのクライアントアクセスライセンス(CAL)が必要です。CALの詳細については、Microsoft社にお問い合わせください。
  • 一括自動監視
    スキャナーの稼働状況(スキャナーの起動/停止 、 消耗品交換状況、エラー状態)をリアルタイムに監視できます。また、スキャナー情報(機種名、システム/ファームウェア/ドライバの版数など)をスキャナー詳細情報で確認できます。

  • 大量スキャナーの一括アップデート
    装置ごとの一括設定、イメージスキャナーのドライバやスキャンに必要なソフトウェアの一括導入、追加導入後のアップデート作業が簡単行えます。

  • 設定の引き継ぎ
    ユーザーのスキャン設定やジョブ設定を、スキャナー間で共有できます。
     ※ネットワークスキャナー(iScanner fi-6010N、ScanSnap N1800、N7100)対象の機能です。

機能

スキャナー監視機能

消耗品の交換が必要なスキャナーや、エラーが発生しているスキャナーがないかなどを監視する機能です。スキャナーから消耗品交換やエラーを通知するため、スキャナーの稼働状況を簡単に確認できます。

スキャナー管理機能

「Scanner Central Admin Console」からスキャナー情報(機種名、システム/ファームウェア/ドライバの版数など)を一覧で確認できます。スキャナー情報は、自動的に登録されるため、大量のスキャナーを簡単に集中管理できます。

スキャナーアップデート機能

複数台のスキャナーの設定情報やドライバなどを、一括してアップデートする機能です。スキャナーごとのアップデートが不要になり、大量のスキャナーをアップデートする作業時間を大幅に短縮できます。

設定の引き継ぎ

ユーザーのスキャン設定やジョブ設定をスキャナー間で共有可能です。(注1)

  • (注1) ネットワークスキャナー(iScanner fi-6010N、ScanSnap N1800、N7100)対象の機能です。
ページの先頭へ