イメージキャプチャリングソフトウェア
PaperStream Capture/PaperStream Capture Pro

「PaperStream Capture」は、業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」に標準添付のイメージキャプチャリングソフトウェアです。
バーコード認識やゾーンOCRによる文字認識、白紙ページ検出によるイメージデータの仕分け機能を搭載し、
1度のスキャンで大量の紙文書を複数のフォルダやファイルに分割して出力・保存することが可能です。

さらに、大幅な機能強化を実現する有償ソフトウェア「PaperStream Capture Pro」では、
複数人での業務分担やバーコードが2つ以上ある原稿のスキャンを行いたい場合などにご利用いただくことで、
より効率的なスキャン業務を実現でき生産性を向上できます。

「PaperStream Capture/PaperStream Capture Pro」は、医療分野における問診票や同意書などの付帯資料のスキャンや、
入力代行業における各種申請書や申込書のスキャンなど、様々な業種/業務で使われています。

なお、SP-1425にはPaperSteram Capture Liteを添付しています。

「PaperStream Capture/PaperStream Capture Pro/PaperStream Capture Lite」の主な違いは、こちらを参照ください。

: PaperStream Capture Proのみ対応機能

仕分け機能を活用した効率的な電子化業務を実現

原稿に印刷されたバーコード、原稿の一部分をOCRするゾーンOCR、白紙ページなどを原稿を仕分けるためのセパレーターとして利用し、大量の紙文書を1度にスキャンした場合でも複数のファイルに分割して出力・保存することが可能です。バーコードなどの値はフォルダ名やファイル名に付与することが可能で、スキャン後のデータも効率的に管理できます。

わかりやすいUIとシンプルな操作

"スキャン""画像チェック/インデキシング""保存"の3ステップで読み取り操作を完了できます。

<スキャン>
業務毎に定義されたドキュメントプロファイルを選択してスキャンを行います。オペレーターは表示されているアイコンをワンクリックするだけの簡単操作で迷うことなく業務ができます。

<画像チェック/インデキシング>
スキャンしたイメージデータの確認を行います。ドキュメント毎の区切りや、原稿の状態に合わせたマークなど視覚的にわかりやすい表示でエラーなども確認ができます。また、画像チェック画面では、サムネイルと1ページを並列して表示する形式をはじめ、最大6つの中から最適な表示形式を選択できます。
また、インデキシングとして読み取ったバーコードの値やゾーンOCRの結果を確認します。

<保存>
イメージデータの確認後は、[完了]ボタンをクリックすることでドキュメントプロファイル毎に設定されたフォルダーやアプリケーションへデータを出力します。

img-paperstream-capture01.png
ページの先頭へ