業務用スキャナー N7100 特長

高速読み取り

A4原稿を毎分25枚・50面(200dpi/300dpi)で高速に読み取ります。また、CPUやメモリの強化により、読み取り開始から画像表示までの時間を従来機より最大約50%短縮しました。これにより処理待ちのストレスを感じることなくご利用いただけます。

A4読取速度
解像度 200dpi 300dpi 600dpi
スキャンモード カラー
グレースケール
モノクロ2値
カラー
グレースケール
モノクロ2値
カラー
グレースケール
モノクロ2値
縦送り 片面
(枚/分)
25 25 7
両面
(面/分)
50 50 14

設置場所を選ばないコンパクト設計

設置面積を抑えたコンパクトな筐体に、大型タッチパネル(8.4インチXGA)とコンピュータ機能を搭載。また、キーボード・マウスを接続できるUSBポートを搭載。 オフィスだけでなく受付窓口のようなスペースが限られた場所でも、お客様の用途にあわせ利用することができます。

ワンプッシュの簡単操作で業務を効率化

タッチパネルのメニューを選択するだけで、読み取ったイメージデータの印刷やメール送信などもワンプッシュで実行できます。また、読み取り時の設定やアクション(メール送信/FAX送信(注1)/印刷(注2)/保存)などの一連の動作をジョブとして設定できます。ジョブ設定は利用者毎に画面をカスタマイズできるので、使いやすい設定に変更することで業務を効率化できます。

  • (注1) FAXサーバは米国OpenText社のRightFax(国内販売元は株式会社ハンモック)、米国Kofax社のStoneFax(Kofax Communication Server)が使用可能です。 インターネットFAXサービスへも読み取った画像を送信できます。
  • (注2) プリントサーバ経由又はネットワークに直接接続されているプリンタに読み取った画像を印刷できます。
    Windows 8クライアントに対応したプリンタドライバを登録しておく必要があります。

文字認識に最適な高画質イメージデータを自動生成

原稿の種類や状態に応じた個別設定を行う必要はありません。当社で培った高度な二値化技術により、様々なドキュメントから文字認識に適した高画質のイメージデータを自動生成します。

導入・運用の効率化

共有利用を前提にした高度なセキュリティ

複数人で使うことを配慮し高度なセキュリティを実現。利用時の認証処理はもちろん、読み取り時の一時作業データも暗号化、作業完了時のデータ削除が自動的に行われますので、いつでも安心してご利用いただけます。

複数のスキャナーを効率的に管理できる「Scanner Central Admin」

「Scanner Central Admin」機能により、最大1000台のスキャナーの遠隔管理が可能です。設定の一括管理や操作履歴の管理が行え、システム管理の効率化や作業ミスのリスク軽減を実現できます。

高い拡張性でお客様だけの専用端末を実現

専用SDK(注3)(Windows用)を使い、お客様の業務に合わせたアプリケーションをAdd-inソフトウェアとして組み込むことが可能です。お客様の業務専用端末にカスタマイズすることにより、生産性向上を実現します。

(注3) SDK(Network Scanner Control SDK)はWebダウンロードによる無償提供になります。SDKのサポートが必要な場合は、別途有償サポートオプションをご購入いただく必要があります。

ネットワークスキャナーの制御を可能とするソフトウェア開発キット

Network Scanner Control SDKはお客様の業務に合わせたアプリケーションを、ネットワークスキャナーのAdd-inソフトウェアとして組み込むことを可能とする専用SDKです。お客様の業務専用端末にカスタマイズすることにより、生産性向上を実現します。

ページの先頭へ