導入事例 医療

パートナータイアップ事例

同意書など紙文書を電子化。"チーム医療"の情報共有を促進

ネットワーク対応スキャナー「N7100」採用の「TrustScan AnySite」で院内紙文書電子化を実現

埼玉県富士見市の中核病院として幅広い医療を展開しているイムス富士見総合病院。電子カルテシステム導入を契機に、院内のペーパーレス化を検討。ネットワーク対応スキャナー「N7100」を採用した医療向け紙文書支援システム「TrustScan AnySite」を導入された。同病院が目指すのは、単に紙をなくすのではなく、チーム医療を有機的に機能させるために、最新の患者の情報を多職種のスタッフに同時に行き渡らせることだ。

  • イムス富士見総合病院
    院長
    鈴木 義隆 氏

  • イムス富士見総合病院
    医事課 係長
    今松 知之 氏

ページの先頭へ