富士通マーケティングフォーラム2020
基調講演

13時30分~14時40分

K-1:ご挨拶

主催者挨拶



株式会社富士通マーケティング
代表取締役社長 広瀬 敏男

K-1:DX、2025年の崖

「2025年の崖」問題を克服するための
デジタルトランスフォーメーションと我が国の政策展開



経済産業省 商務情報政策局 情報産業課
ソフトウェア情報サービス戦略室長 田辺 雄史


講演内容
デジタル時代の競争が激化する中、日本企業の抱える技術的負債を克服し、経営を真にデジタル化するためには、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が不可欠である。
本講演では、経済産業省で推進しているDX政策の背景と狙い、DXの具体的事例を交えつつ、経営層や取締役会が活用可能な「DX推進指標」の紹介及びこれまで収集された自己評価データの分析結果、今後の政策展開等を解説する。

【講師略歴】
1997年早稲田大学大学院理工学研究科修了後、通商産業省(現経済産業省)に入省。2000年以降内閣官房、経産省、IPA等において、サイバーセキュリティ政策、IT政策に長年従事。
2017年よりIPA産業サイバーセキュリティセンターの立上げ・運営を陣頭指揮。
このほか、米国コロンビア大学院への留学、JETROデュッセルドルフ、在オーストラリア日本大使館への赴任等、幅広い海外経験を経て、2019年より現職。米国公認会計士。

 

ページの先頭へ