《働き方改革を実現するためのアプローチ「テレワークの活用」》

どこでも働ける環境を実現するテレワーク成功のコツ
~テレワークで働き方の効率と柔軟性を高める~

富士通では、長年にわたりテレワークに取り組んできました。その経験から、テレワークの有効性をはじめ、導入や継続していくためのポイントなど、たくさんの気づきを得てきました。適切なICTツールの導入も重要ですが、意識改革や制度の整備も欠かせません。

テレワークで変わる、働き方の「効率」と「柔軟性」

テレワークが企業にもたらすメリットには「効率的な働き方」と「柔軟な働き方」の実現が挙げられます。

どこにいても社内と同じICTが利用できる環境でテレワークを活用すれば、例えば取引先を回るときの隙間時間を有効活用し、通常業務を進める時間にすることができます。また、データの活用法も変わってきます。いつでもすべての資料を開けるようにしたいと考えても、すべての紙の資料を持ち歩くわけにはいきません。自然に、資料をデジタルデータとして管理するワークスタイルへと移らざるを得ません。つまり、テレワークが浸透すれば、時間、活用法の面で、働き方の効率化が進みます。

そして「柔軟な働き方の実現」は、働き方改革に直結するテーマといえるでしょう。日本のビジネス社会では長い間、仕事は会社でやるものという固定観念が定着していました。しかし育児や家族の介護などを抱え、会社に長時間いることが難しい状況にある従業員が増えているのも事実。テレワークを活用することで、自宅などで仕事を継続できるようになり、子育てや介護に時間をあてやすくなります。

スモールスタートで始めて、テレワークが有効活用できる形を見つける

テレワークのために富士通が導入したのは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)によるPC環境とコミュニケーション手段の整備でした。それによってどこにいても、オフィスと同じICT環境で業務ができるのです。

しかしそれだけでテレワークの活用が進むものでもありません。本当に現場に浸透させていくには、ICTツールを用意するだけでは足りないのです。例えば在宅勤務をする場合、労務管理、残業代はどうすればいいのか。細かいところでは仕事に使う電気代や通信費用の負担をどうするかも決めないといけません。そういう課題に向き合い社内の人事制度、従業員の意識改革にまで踏み込まなければいけないことがわかります。

課題を洗い出すには、スモールスタートで始めてみるのが最適です。富士通でも、スモールスタートで見えてきた課題をもとに、テレワークの実施に向けた新しいルールの作成や、既存の制度の見直しなどを行いました。

見えてくるのは課題だけではありません。成功事例も蓄積されます。「思いのほか仕事に集中できた」などの成果を得られれば、取り組んだ従業員のモチベーションも向上するでしょう。そういう成功パターンが見えれば、自社に適したテレワークの在り方も具体的に検討しやすくなるはずです。

働き方改革に完成形はない。
だからこそ富士通は実践し続ける

テレワークの実践を通して、富士通自身のワークスタイルが変わった、良くなったという手ごたえを感じています。しかし働き方改革に終わりはありません。ICTの技術、社会、ヒトの考え方は時代とともに変化していくでしょう。それに応じてワークスタイルも変わっていくものなのです。

AIをはじめ革新的な技術も取り入れながら、富士通自身が率先して実験台になりつつ、多様で柔軟な働き方に取り組まれるお客様のお手伝いができればと思います。

2018年4月13日

富士通株式会社
オファリング推進本部
ワークスタイル変革オファリング統括部 オファリング企画部 部長
吉田 和博

[写真]

TIME CREATOR IDリンク・マネージャーSssS 今だけ特価キャンペーン

「ワークスタイル変革」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ