AI/RPA活用によるパフォーマンスの最適化

AI/RPA技術を活用し、
働く人とチームの生産性を高めよりクリエイティブな働き方へ

これからの働き方は、企業内外にあふれる大量のデータを処理し、分析・解釈することにより、従業員や企業のパフォーマンスを最適化し最大化することが必要です。しかし、ICTを導入することで働きやすくなる一方、ますますデータの量は膨大になり、これらデータを「処理」することに追われることにもなりかねません。
そこで、AIで様々なデータを解析し現状と課題を把握することで、従業員の適材適所の実現やより生産性の高い働き方へのシフトを可能とします。またRPAを活用し、定型作業の自動化/省略化を行うことで、従業員はよりクリエイティブな作業に集中し、高い付加価値を生み出すことができるようになるのです。
これにより、従業員一人ひとり、また企業にとっても、一歩先を行くアウトプットを導き出すことができるようになるでしょう。

実現したいコト

  • 知的生産性の高い業務へのシフト

    定型作業から解放され、より高い付加価値を生み出したい

  • 最適なパフォーマンスの実現

    人材や働き方の見える化をし、生産性を向上させたい

富士通からのご提案

AIを活用して従業員一人ひとりの働き方を可視化し、生産性や業務の質の向上を実現

従業員一人ひとりのPC利用状況の取得/分析と、自然言語処理技術や知識処理技術などのAI技術での解析により業務内容を可視化し、「働き方」の課題を明確化します。これにより、従業員一人ひとりの能力がエンパワーされ、よりクリエイティブな業務にフォーカスしていくことを可能にします。

AIによる自動分類により、どのような仕事に誰がどれだけ時間を費やしているかを可視化する。

RPAを中核にデジタルテクノロジーを活用し、次世代のワークスタイルを実現

お客様の業務を可視化し、検証を行いながら最適な技術を活用していくことで、オフィスや現場における作業の効率化や自動化し、より高い生産性とビジネス価値を創出する次世代の「働き方」実現に貢献します。

次世代のワークスタイルは働く環境の整備に加えて、ACTIBRIDGEを使って、業務自体の変革を行う。

事例

購買部門でのインボイス情報登録作業の自動化による業務効率の向上

富士通

ワークスタイル変革を実現するその他のアプローチ

  • ビジョン策定

    企業、従業員にとって「ありたい姿」を目指し、ワークスタイルを総合的にデザインします

  • コミュニケーション変革

    時間や場所、組織の垣根を越え、活発な情報共有やコミュニケーションを実現します

  • テレワークの活用

    「働く場所の制約」を解消し、あらゆる場所からセキュアに業務ができる環境を実現します

  • 新しい働き方の定着

    制度やICT導入だけでなく、一人ひとりの意識が変わることで新しい働き方が定着します

  • オフィス空間のデジタル化

    オフィス内の情報をデジタル化し活用することで、より最適な「働き方」を見つけます

  • 業務のモバイル対応

    業務システムと連携したモバイルアプリの活用でビジネス現場の働き方改革を加速します

  • 働く人にあわせた
    デバイスの選択

    場所や業務に最適なデバイスを提案します

  • AI/RPA活用による
    パフォーマンスの最適化

    働き方の見える化や業務アシストで生産性向上

「ワークスタイル変革」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ