tempo3 「塩梅」2021秋号

tempo3 「塩梅」2021秋 表紙 tempo3 「塩梅」2021秋 目次

甘すぎず、辛すぎず。近すぎず、遠すぎず。
物事の程度が過不足なくぴったりと澄み渡ったときの感触は、
生きる喜びそのまんま。

慣れ親しんでいるものでも、はじめましての人でも、
相対したその瞬間から、ちょうどいい具合、ちょうどいい距離感、
ちょうどいい加減を探しては、手繰り寄せる時間が動きだしていきます。

美味しい、嬉しい、楽しい、気持ちいい。
思わず目が合うようなタイミングを発見しては、手放して、
私のテンポ、私の塩梅は、身体に染み付いていく。

ときにはバランスを取るために、バランスを崩すこともあります。

一歩踏み出した視線が捉えるのは、
綿密に計画しても、積み上げた術を以てしても、出合えない景色。
本来の、そのままの自然のかたち。
コントロールすること、できないこと。
風向きを読みながら見つけ出すさじ加減は、独りでに始まるものだから、
すくいとっては世界と分かち合いたくなります。

第3号のテーマは“塩梅”。

あの人に、あの場所に、染み付いた術と自然。
止まらない時間のなかで絶えず循環、更新していく、
ちょうどいい加減を観察しました。

関連コンテンツ

2021年秋刊行・tempo3より
デザインの塩梅
混じり切ってしまわないダイナミズム
デザインエンジニア 山中俊治

2021年秋刊行・tempo3より
塩梅 コラム
ツブの椅子、グールドの椅子
穂村 弘

ページの先頭へ