tempo2「虚と実」2021冬号

tempo2 「虚と実」2021冬 表紙 tempo2 「虚と実」2021冬 目次

私が今立っているこの場所、この世界。
そこで出会う生命。触れ合う肌、見聞きする、ものやこと。
すべては現実のようでいて、そうではないかもしれません。
見間違いや思い違いが、潜んでいることもあるでしょう。
夢とうつつが混在している瞬間もあれば、ある一面を全体だと思い込んでいることも、ままあります。
本当だと信じていたものが、急に信じられなくなってしまったそのかたわらで、虚構が現実を救い、はてしない想像が、現実を更新していくことがあります。

  虚構と現実。
  妄想と事実。
  嘘と本当。

その間(あわい)を行ったり来たり揺れながら、私たちは生きています。

第2号のテーマは〝虚と実〟。

さまざまな場所に息づくそのあわい。
確かなようでいて留まらない、虚実を観察しました。

関連コンテンツ

2021年冬刊行・tempo2より
虚と実 コラム
黒い温泉の湧く土地で生まれた女
長崎訓子

2021年冬刊行・tempo2より
人生の虚と実
心身一如。人生の全体性を取り戻す
医師 稲葉俊郎

ページの先頭へ