ハイブリッドIT運用

複雑化した運用の負荷軽減とデジタル時代への対応

検討ポイント

ハイブリッドITで課題となるのが日々の運用です。デジタル時代に対応しつつ運用負荷を軽減していくためには、事業部門のリソース利用の適切な統制、オンプレミスとパブリッククラウドの迅速な接続、ネットワーク全体やハイブリッドIT全体の運用負荷軽減などを検討していく必要があります。

  • 適切なリソース利用の統制

    効率的にリソースを払い出す仕組みの導入

  • パブリッククラウドとの迅速な接続

    オンプレミスとパブリッククラウドの迅速かつセキュアーな接続

  • ネットワーク全体の見える化

    オンプレミスとパブリッククラウド内のネットワークの一元管理・監視

  • 運用をアウトソーシング

    ハイブリッドIT全体をシステム運用をスキルあるベンダーに委託

富士通がお手伝いできること

お客様の要件にあわせ、ハイブリッドIT全体の運用最適化を実現します。

パブリック/プライベートクラウド利用の統制

情報システム部門が型決めした各種インフラパターンを事業部門へメニュー提示
事業部門からの利用申請を受付け、リソース(仮想環境)を自動払出し
各事業部門へ配賦すべき費用を一元管理

オンプレミスを起点にパブリッククラウドと迅速に接続

オンプレミス資産をお預かりし、日々の煩雑な運用負荷から解放
予め敷設済の閉域接続環境により、迅速かつセキュアーにパブリッククラウドへ接続

ネットワーク全体を見える化し運用を効率化

物理/オンプレミスの物理/仮想ネットワークをGUIで一元的に監視、設定
パブリッククラウド内の論理ネットワークも見える化

ハイブリッドITを実現するその他のアプローチ

  • クラウドサービス活用

    クラウドサービス利用による迅速で柔軟なシステムの実現

  • オンプレミス最適化

    最新の仮想化技術・アウトソーシングサービスで運用負荷を軽減

  • データベース最適化

    データベースの高性能、高信頼性、俊敏性とコストを両立

「ハイブリッドIT」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ