ハイブリッドクラウドが抱える運用の“落とし穴”
クラウドとオンプレミスを上手に運用設計するには

デジタル革新の波が次々に企業・団体に押し寄せる中、クラウド、モバイル、IoT、AI、セキュリティなど我々を取り巻く環境は激変している。こういった変化に対応するうえで、クラウドシフトが益々進むと考えられる。それはクラウドがもつ特性(使いたいときに、使った分だけ、すぐ使えるという特長)と合わせて、新しい技術がクラウドサービスとして提供されるなど、利用者とサービス提供者双方の思惑があっているからだ。今後新たな事業展開を考える際には、クラウドへの取組みをきちんと考えていくことが重要だ。

現状、企業の情報システムは、一部の既存業務システムをクラウドによってコストを削減したり、新たなシステムをクラウド上で構築・運用したりするケースが多いが、今後は業務特性に応じてパブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスをうまく組み合わせて使い分けるハイブリッドクラウドにシフトしていく。

一方、クラウド利用が進めば進むほどクラウドの乱立、オンプレミスとの組み合わせ、運用面での混乱も起こり始めている。本格的なクラウドの活用を検討する際には、一部の業務システムだけではなく、ICTインフラ全体の最適化を考えることが重要だ。

ここでは複数のクラウドサービスの利用やオンプレミスと組み合わせたハイブリッドクラウドの利用の際に考えておかなくてはならないシステム運用上の「落とし穴」と、全体最適化を見据えたハイブリッドクラウド時代の運用設計を紹介しよう。

事業部門主導で進みつつあるクラウドシフト

デジタル革新の進展に伴い、企業システムのクラウドシフトが進んでいる。ここで注目すべきなのは、その投資に関する意思決定の多くが、情報システム部門ではなく事業部門で行われていることだ。

「当社でも最近では、事業部門関係者とのシステム検討が増加しています」と語るのは、富士通オファリング推進本部 ハイブリッドITオファリング統括部長 藪田有司だ。事業部門がクラウドを活用してシステムを導入するという動きは、今後も加速していくだろう。デジタルビジネスを迅速に立ち上げるうえで、効果的な方法だからだ。しかしここで情報システム部門が手をこまねいていると、新たな問題が顕在化することになるその1つがセキュリティリスクの増大だ。

事業部門はビジネスの立ち上げには熱心に取り組むが、その後のアカウント管理など、セキュリティを意識したシステム運用にまで手が回らないことが少なくない。またTCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)の問題もある。クラウドは初期投資が小さいものの、継続的に使い続ける場合にはオンプレミスよりもコスト高になる傾向がある。ビジネス立ち上げの段階ではクラウドを使うとしても、その立ち上げに成功した後は、クラウドのままで運用するかオンプレミスへと移行するか、適切な判断をする必要がある。

さらにデジタルビジネスを中長期的に成功させるには、AIやIoTを活用したシステム(SoE:Systems of Engagement)を既存の基幹系システム(SoR:Systems of Record)と連携させることも必要だ。事業部門が次々に独自のSoEを立ち上げてしまえば、システム間連携の仕組みや種類も無数にできてしまう。

その一方で、ハイブリッドクラウドでは、運用面でも従来システムでは考えられないような問題に直面することが多くなると藪田は指摘する。クラウドサービスによって、運用サービスの作業項目の名称は勿論、その提供内容や仕様もそれぞれバラバラであり、マルチクラウド環境では一貫性のある運用の実現が難しくなるからだ。そのため全社で一貫性のある運用の仕組みを構築するには、クラウドサービスごとの提供される運用内容の理解と不足分は補完を実施する必要があるという(図1)。「クラウドなら運用は不要と考えている方も多いようですが、それは大きな誤解です。このようなミスリードから、運用上の落とし穴にはまってしまうケースも少なくありません」

情報システム部門が、このような運用の仕組みを構築していく中心的な役割を果すべきだと藪田はいう。次世代ICTインフラの全体像を構想・構築し、それを事業部門に対してタイムリーに提供するための運用体制を確立すべきなのだ。

それではハイブリッドクラウド運用を最適化するには、どのような点を重視すべきなのか。そして運用設計の段階では、具体的に何を行うべきなのだろうか。

図1:ハイブリッドITで生じやすい運用上の問題。クラウドサービスによって提供されている運用サービスや用語が異なっているため、そのままでは一貫性のある運用を実現するのは困難。情報システム部門による運用補完が必要 図1:ハイブリッドITで生じやすい運用上の問題。
クラウドサービスによって提供されている運用サービスや用語が異なっているため、そのままでは一貫性のある運用を実現するのは困難。
情報システム部門による運用補完が必要

続きは、こちらからお読みいただけます

ハイブリッドクラウドが抱える運用の“落とし穴” クラウドとオンプレミスを上手に運用設計するには

概要

  • 事業部門主導で進みつつあるクラウドシフト
  • ハイブリッドクラウドの運用設計で重要となる3つのポイント
  • 共通化・標準化で一貫性のある運用が実現可能に
  • 全体最適化を可能にする「MetaArc-グランドデザインサービス」

ページの先頭へ