データベース最適化

データベースの高性能、
高信頼性、俊敏性とコストを両立

検討ポイント

課題や要件から、コストバランスと、性能・信頼性の向上や迅速なビジネス展開のための俊敏性を両立させた検討が必要となります。

  • OSSの活用

    ベンダーがサポートするOSSデータベース

  • 俊敏なデータベースの立ち上げ

    クラウドの利用でシステム構築に時間をかけず、運用負荷も軽減

  • 既存データベースの高性能・高信頼化

    アプライアンスや高性能・高信頼サーバ・ストレージの採用

富士通がお手伝いできること

要件に応じて、OSSやパブリッククラウドの活用、オンプレミスの高性能・高信頼化と多様な提案をいたします。

OSS活用

富士通が一括サポートするPostgreSQL

パブリッククラウド活用

Oracle Database ライセンスを持込めるIaaS

既存データベース(オンプレミス)

Oracle Databaseに特化した統合商品

高性能・高信頼性を実現した基幹IAサーバ

データベースに最適な高性能オールフラッシュストレージ

ハイブリッドITを実現するその他のアプローチ

  • クラウドサービス活用

    クラウドサービス利用による迅速で柔軟なシステムの実現

  • オンプレミス最適化

    最新の仮想化技術・アウトソーシングサービスで運用負荷を軽減

  • ハイブリッドIT運用

    複雑化した運用の負荷軽減とデジタル時代への対応

「ハイブリッドIT」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ