ITスペシャリストコラム

クラウド活用のコストをどう考えたらいいの?

業務システムの更新に対する要請は、事業部門の新設や統合、既存のオンプレミス環境のリプレースの時期に多いものです。クラウドファーストの掛け声のもと、既存システムをクラウドに移行しようという動きがでるのもそんなときです。しかも、多くの場合、クラウドへの移行によるコスト削減が目的の一つになっています。
しかし、実際にはクラウドへの移行とその後の運用にかかるコストをどう考えるべきかに悩んでいる情シス部門の担当者も多いはずです。
今回はクラウドへの移行と運用でのコストをどう捉えるべきかについてお答えします。

クラウドへの移行には総合的な判断を

クラウドに限らず、システムの導入を考える時には、いろいろなことを考えなければなりません。

既存のシステムを移行する場合は、まず移行性とそのコストが問題になります。さらに現在と運用がどのように変わるのか、運用のしやすさが重要です。また、基本的な事項としてセキュリティや可用性という評価軸も必要です。

オンプレミスのシステムをクラウドに移行する際にも、これらを総合的に評価することが、クラウドの導入時に求められます。

イニシャルでなくトータルでコストを考える

経営トップからクラウドファーストの指示があった場合、少なからずコストに関する意識が高めと考えるのが自然でしょう。しかし、そのコストには、クラウドに移行後、長年に渡って利用し続けることによって発生する運用コストが入っていないことは珍しくありません。

もちろん、システムの内容と使用状況にもよりますが、既存のオンプレミス環境をクラウドに移行すると、数年後にはクラウドでの運用費用の累計が、オンプレミスのシステムの初期の構築・導入費用を超える場合もあります。

コスト面だけを考えた場合には、数年先までの保守・運用を考えて、オンプレミスかクラウドかどちらがトータルで低いコストになるのかを考えなくてはなりません。単純にイニシャルコストだけで、オンプレミスかクラウドかを判断することは難しくなってきます。

社内でクラウドファーストの機運が盛り上がってきたときには、こうしたトータルコストを考慮し、今後のコストを想定した上でどう進めていくかを検討すべきです。ビジネスの発展状況との兼ね合いも含めて、冷静に判断することが重要となります。

メンテナンスのタイミングに注意

また、クラウドに移行すると、社内にサーバなどのハードウェアを持つ必要はなくなります。当然、それらの保守・運用が不要になりますが、その代わりに、メンテナンスなどのスケジュールはクラウドサービスの提供事業者側の都合によって実行されてしまいます。

通常、クラウドサービス事業者によるメンテナンスは年に数回行われ、しかもその連絡が直前になる場合があります。グローバルでのサービスを提供している企業などの場合、そのサービス停止を受け入れることに問題はないでしょうか。そんなことも考えたうえでクラウドへの移行を検討すべきです。

ハイブリッドITで柔軟なシステム環境を

クラウドでは、CPUの処理能力とストレージのサイズに応じて課金されるのが一般的です。このため、高い処理能力を特定期間だけ必要とするサービスではピークにあわせてリソースを確保していたオンプレミスよりもメリットは大きいです。一方、必要とするリソースに大きな増減はなく、ずっと使い続ける場合には、減価償却が有効なオンプレミスでの稼働の方がトータルコスト的には有利な場合が珍しくありません。このことは経営サイドに説明すべきです。

もちろん、オンプレミスにも短所があります。そのため、システムの最適化のためにはオンプレミスとクラウド双方の特性を理解し、その上で自社の業務目的に合わせて最適な組み合わせを行う必要があります。

つまり、ハイブリッドITでその内容を自社に合わせて使い分けることが重要となります。

富士通は、クラウドに対して豊富な実績とそれによって得た知見があります。お客様の最適なハイブリッドIT環境の構築にぜひご活用いただきたいと思います。

2018年1月16日

富士通株式会社 オファリング推進本部
ハイブリッドITオファリング統括部長
藪田 有司

製造業のお客様を中心に、ICTインフラ最適化のプロジェクトに数多く参画。現在は各種のクラウドサービス、オンプレミス環境も含むICTインフラ基盤のオファリングの企画提供を行う。

[写真]

おすすめ情報はこちら

「ハイブリッドIT」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ