ITスペシャリストコラム

オンプレミスのシステムをクラウドに移行するときの注意点は?

「クラウドファースト」というフレーズが広まっているせいか、これまでオンプレミスで運用していた業務システムを、そのままクラウドに移行しようと考えるケースも多いようです。クラウド環境への移行にともない、運用面で注意すべきことはどんなことか、セキュリティ面で意識しておくべきことは何かなど、情シス部門として気になることも多いはずです。
今回はオンプレミスからクラウドへの移行で注意すべきポイントについてお答えします。

突然のメンテナンスでサービスが止まってしまうことがないように

クラウドとオンプレミスのシステムで大きく異なる点のひとつに、システムが稼働するハードウェアを情シス部門が直接に触れられるかどうかがあります。オンプレミスの環境では、当然ですがシステムが稼働しているサーバなどのハードウェアやミドルウェアなどに情シス部門が触れることは可能です。

ですから、オンプレミスの環境ではシステムのリプレースや拡張を情シス部門が必要に応じて実行できます。システムのメンテナンスのタイミングなども情シス部門である程度、自由度を持って決められるので、実際の業務の状況に即した運用が可能になります。

これに対してクラウドでは、サービスの提供者が決めたタイミングでシステムのメンテナンスなどが実行されてしまうケースがほとんどなのです。

これは、「利用者の状況に関係なく、システムが止まる可能性がある」というリスクにもなります。このことは、クラウドを活用するにあたって、まず、システムの管理部門や経営層に理解しておいてもらうべきことです。

さらに、クラウドサービスを提供している事業者側に何かトラブルが発生してサービスが止まると、利用者側でできることはほぼないという事実も理解しておくべきことといえます。

日々の保守・運用から解放されるメリットは大きい

こう考えてしまうと、業務システムなどをオンプレミスからクラウドに移行することのメリットはあまりないのでは? と思えてしまうかもしれません。ところが、決してそうではありません。

オンプレミスでシステムを構築し運用するということは、その保守・運用はそのシステムを導入している企業がしないとなりません。情シス部門がきちんとあって、システムの保守・運用ができるくらいのスキルセットのある人がいる場合であれば、それほど問題にはならないでしょう。

ところが、他部門が情シス部門を兼務していたり、いわゆる「ひとり情シス」の場合、社内の情報システムに関することを一手に引き受けることで大変な負荷がかかっていたりすることがあります。

そのような場合には、業務システムをクラウドに移行し、利用者側で「システムのメンテナンスをしなくていい」となれば、非常に大きなメリットになります。他部門が兼務している場合には、本来の業務に注力できますし、「ひとり情シス」の場合には、いわゆる「システムのお守り役」から解放され、ITシステムをより戦略的に活用する提案などを検討する業務に注力できます。

セキュリティには個別の対策が必要となる場合も

また、これまでオンプレミスで構築・運用していたシステムをクラウドに移行するにあたって、「セキュリティが不安」といった声も良く耳にします。確かに、セキュリティに関して、クラウドには注意すべきポイントがあります。

例えば、クラウドで提供されているシステムについては、「ログが取れない」ことも多いです。オンプレミスのシステムであれば簡単に取得可能なアクセスログも、クラウド上では利用者に公表されないケースもあります。そのため、問題発生時に証跡管理を実施したいのであれば、別途システム上に新たな仕組みを導入し、ログの代用となる情報を取得するといった対応が必要になります。

そう考えていくと、結局のところ、クラウドでオンプレミスと同等のセキュリティとサービスレベルを実現するには「コストがかかる」というのが現実なのです。

オンプレミスとクラウドを共存させるという選択肢も

その点、ハイブリッドITであれば、オンプレミスで残したいシステムはオンプレミスで、クラウドに移行したほうが効率的に活用できるシステムであればクラウドに、といった判断をすることで、 オンプレミス、クラウドと複数のシステム環境を効率的に利用することができるのです。コスト、セキュリティ、可用性、信頼性など、業務システムには様々な要件があります。それらのバランスを考え、目的に対して最善の検討を行うには、導入実績やトラブル対策などのノウハウが重要です。富士通のハイブリッドITでの優位性は、ここにあります。

2018年1月4日

富士通株式会社 オファリング推進本部
ハイブリッドITオファリング統括部長
藪田 有司

製造業のお客様を中心に、ICTインフラ最適化のプロジェクトに数多く参画。現在は各種のクラウドサービス、オンプレミス環境も含むICTインフラ基盤のオファリングの企画提供を行う。

[写真]

おすすめ情報はこちら

「ハイブリッドIT」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ