公共交通の運行最適化

鉄道・バス・トラム(路面電車)の位置情報を活用した利用者サービス向上

多くの人たちにとって重要な移動手段であるバスや鉄道、地下鉄などの公共交通機関。様々な国や地域で市民の暮らしを支えるライフラインとして、その重要性はますます高まっています。
日本でも通勤や通学に公共交通機関を利用する人は多く、サービス提供者側には利用者の満足度向上や採算性を高める取り組みが求められています。

こうした状況は国内に限らず海外でも同様で、例えばヨーロッパでは、顧客満足度の向上、利用者の増加、採算性向上のために客観的な指標(運行率・定時性など)に基づき、サービスを評価する仕組みを構築し始めています。
特に重要視されているのが、公共交通機関の定時運行です。運行遅延によりお客様の利便性が低下した場合はベナルティが課せられることがあります。そこで、自動改札の乗降データやトラム(路面電車)の位置データといった膨大な情報の活用方法が検討されています。

富士通では、トラムや鉄道の実際の位置情報と時刻表を照らし合わせて、運行遅延や駅の混雑状況などを分析し、定時運行に役立てる様々なソリューションを提供しています。

富士通からのご提案

富士通は位置情報を使ったサービスを開発し、運用するための基盤を提供します。この基盤は、さまざまな位置情報を重ね合わせて統合的に管理・利用できる機能を持っています。
公共交通の運行最適化を目指して、多種多様な位置情報をお客様が管理したい切り口で容易に分析する位置情報基盤の仕組みと、豊富な位置情報活用実績に基づく富士通のノウハウを合わせ、リアルタイムに位置情報を活用した運行支援をご提案します。

①Sensing(知覚)

センサーを使って移動体(人や車両)や施設の情報、SNSの情報など膨大なデータを収集。富士通のセンサー以外のデータであっても、緯度経度プラス時刻の形式であれば収集・活用できます。

②Analyze(分析)

集めたデータをクラウド上で分析します。多様なデータを位置と時間の軸で分析し、その傾向を把握し、予測を行います。データを多角的に解析することが可能です。

③Optimize(最適化)

分析したデータを元に、利用者に必要な情報を生成し、提示します。お客様の持つデータ活用のノウハウに最適化された形で提供することも可能です。

④Navigation(実行)

サービスを受ける利用者に、スマートフォンやカーナビ、パソコンなどを通して分析・生成した情報を提供します。利用者が使いやすい形態で、必要な情報を入手できるように工夫されています。

富士通がお手伝いできること

ドライバーの安全運転を支援するウェアラブルセンサー

「デジタル革新」に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ