ものづくり

モノをつくらない
ものづくり

モノをつくらないものづくりの利用シーン

ものづくり現場に求められている最大のファクターが「開発リードタイムの短縮」です。しかし、開発リソースを簡単に拡充できる企業は、ほんの一握りしかありません。そこで必要になるのが、デジタルテクノロジーを活用し、開発リソースを最大限に効率化できる「モノをつくらないものづくり」というアプローチです。
負荷が高い実機試作機の制作とその検証を仮想空間で行えるようにすることで、開発フローの「フロントローディング」、各工程の「コンカレント化」行うと共に、場所を選ばないニューノーマルな働き方におけるモノをつくらないものづくりの利用シーンをご紹介しております。

ソリューション紹介資料

利用シーンの各レベルを実現するソリューションに関して、ここではその一部をダウンロードしてご覧いただけます。
詳しい内容をご希望の方は、下記「入力フォーム」よりお問い合わせください。

COLMINA Design Review

お客様固有のノウハウや情報を簡単に蓄積し活用できる仕組みや、リアリティのある3次元立体視、遠隔地間でのコラボレーションの機能を提供します。

「デジタル革新オファリング」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ