工場全体の“見せる化”

集めて活用、確実に効果が実感できるデータの“見せる化”から

工場に点在するデータを集めて分析することで、設備の故障予測や製品の需要予測などといった、様々な用途に活用したいという多くの声を聞きます。
将来的にこのような取り組みも必要ですが、「今」のものづくりの状態を正確に把握していますか?
富士通は、「分析」「予測・制御」といった取り組みの前に、今あるデータを集めて確実に効果が実感できる「見せる化」をご提案します。

富士通からのご提案

富士通では社内外の工場IoTを推進している専門家がお客様の現場状況も踏まえたうえで、IoT・ICTを活用した工場全体の最適化を提案しています。
工場全体の最適化はすべてを一度に行うのではなく、工場の改善ポイントを見極め、段階的に導入していくことが一般的です。

「工場全体の最適化」は全体を見据え、必要なレイヤーから導入可能

富士通ではどのレイヤーにも最適なサービスを用意、オール富士通での工場の最適化はもちろん、他企業との連携を図ることもできます。

他のアプローチからさがす

  • モノをつくらないものづくり

    高度化する「ものづくり」に対応するためのフロントローディング・コンカレント化

  • 生産現場の自動化

    自社工場で培った技術とノウハウでお客様の課題を解決

「デジタル革新」に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ