モノをつくらないものづくり

「モノをつくらないものづくり」とは

ものづくり現場に求められている最大のファクターが「開発リードタイムの短縮」です。しかし、開発リソースを簡単に拡充できる企業は、ほんの一握りしかありません。そこで必要になるのが、デジタルテクノロジーを活用し、開発リソースを最大限に効率化できる「モノをつくらないものづくり」というアプローチです。
通常開発フローにおいて最も負荷・工数が大きいのは、実機試作機の製作とその検証です。
そこで、実機試作機の製作・検証を仮想空間で行なえるようにすることで、開発フローの「フロントローディング」、各工程の「コンカレント化」が可能に。開発リードタイムの短縮はもとより、開発時のリスク低減、コスト削減にも大きく寄与します。

富士通からのご提案

「モノをつくらないものづくり」を実現することで、スピード・品質・業務連携の3つの観点において、製造現場のビジネス競争力を高めることが可能になります。導入にあたっては、「VDR(バーチャル・デザイン・レビュー)エキスパートサービス」をご提供。仮想試作機での検証に関するトライアルを徹底的にサポートすることで、「モノをつくらないものづくり」の実現を支援します(支援実績:約50プロジェクト)。

「モノをつくらないものづくり」のアプローチ

富士通がお手伝いできること

立体視による仮想検証を実現するソリューション

製品試作や工程設計をご支援するソリューション

設計製造物診断をご支援するソリューション

技術情報管理をご支援するソリューション

他のアプローチからさがす

  • 工場全体の“見せる化”

    ものづくりのあらゆるデータをつなげてリアルタイムに状況把握

  • 生産現場の自動化

    自社工場で培った技術とノウハウでお客様の課題を解決

「デジタル革新」に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ