ものづくり

工場全体の見える化

工場全体の見える化の利用シーン

工場全体の最適化を行うには、生産設備に取り付けられたセンサーなどから情報をモニタリング・分析し、生産実績、品質や電力消費といった個別のデータと組み合わせて総合的に捉え「今」のものづくりの状態を正確に把握することが重要です。
工場内のあらゆるデータを一元的につなげ、"見える化"することで工場全体の最適化を目指す、工場全体の見える化の利用シーンをご紹介しております。

ソリューション紹介資料

利用シーンの各レベルを実現するソリューションに関して、ここではその一部をダウンロードしてご覧いただけます。
詳しい内容をご希望の方は、下記「入力フォーム」よりお問い合わせください。

COLMINA MES

経営と生産現場をつなぎ、業務の標準化、工場ごとの作業進捗・歩留まりの見える化により迅速な経営判断を実現。収益拡大に貢献します。

COLMINA 生産効率支援モニタ

工場の生産設備から収集される稼働実績のログデータをもとに、生産工程の稼働状況を可視化。生産現場で発生した異常をすぐに発見できます。

COLMINA FAデータ統合

様々なFA機器と各種アプリケーションプラットフォームをつなぎ、プログラムレスで現場データを収集・加工・保存・通知・公開することが可能です。

数理最適化技術を用いた生産スケジュール最適化[個別SI]

AIが様々な制約条件から自動で割り振り、最適な生産手順を選択し、生産スケジュールの作成を自動化できます。

「デジタル革新オファリング」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ