GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. デジタル革新 >
  4. ものづくり >
  5. ピッキングの効率アップとミス撲滅を達成 現場で鍛えたシステムの威力とは

ピッキングの効率アップとミス撲滅を達成
現場で鍛えたシステムの威力とは

指示に従って適切な種類の部品を適切な数だけ取り出す「ピッキング作業」は、組立ライン全体の効率を大きく左右する。顧客ニーズの多様化に対応するため、特に多品種少量生産が当たり前となりつつある今、ピッキング作業のミスや遅れをいかに防止するかは生産拠点にとって重要な課題だ。

富士通の企業向けノートPCやタブレットを受注生産する島根富士通も例外ではない。同社の工場では毎日7,000~8,000 台のノートPCやタブレットを生産しており、ピッキング作業を支援する独自のシステムを開発。ピッキング作業の効率アップとミス削減に加えて、コスト削減も成し遂げた。

続きは、こちらからお読みいただけます

資料無料ダウンロード

GTM-54WZS5
138-BFF-042