現場作業の遠隔支援

設備保全、保守、点検作業の現場における課題

保守・保全業務では、経験を積み重ねた熟練者の知識や技術が素早い判断・意思決定を可能にしています。いま、設備保全、保守、点検作業の現場では、高齢化などによる人手不足、設備数の増加から、現場業務の品質維持への懸念が高まっています。富士通はIoTを活用して、誰もが安心して正確な作業ができ、安定した品質を保てるようサポートします。

  • 作業負荷の増加

    対象設備の増加とともに求められるスキルも複雑化している

  • 作業品質の低下

    スキルや経験不足による作業品質のばらつき、作業遅延が発生している

  • 人に依存した体制

    適正な人員配置が難しい。対応できる人が限られており、現場に赴く時間がかかる

  • 現場事故の削減

    一人作業による品質トラブルや事故、ヒューマンエラーの削減が求められている

富士通からのご提案

紙帳票のデジタル化やウェアラブル導入、遠隔地からの作業支援など、誰もが安心して確実に業務を実行できるように 現場作業の効率化と品質向上に向けて作業の標準化と作業ミスの防止をサポートします。

作業者の経験やスキルに関わらず、確実に業務を実行

熟練作業員からの遠隔指⽰を受けながら、確実な作業が可能

  • 事務所の支援者が、現場作業員の映像と⾳声をリアルタイムに共有
  • 現場作業員と共有している画⾯に、具体的に作業指示を書き込み、的確な対応が可能

「デジタル革新」に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ