保守・保全

設備保全の高度化

設備保全の高度化の利用シーン

製造設備の突発的故障や計画外停止の影響は非常に大きく、これらのトラブルを未然に防ぐためには、日々の保全記録や設備データの活用が重要です。
設備からデータを収集し可視化するだけでなく、蓄積したデータを分析することによる異常の早期発見や効率的な原因分析など、予知保全やCBMにつながる保全の利用シーンをご紹介しております。

ソリューション紹介資料

利用シーンの各レベルを実現するソリューションに関して、ここではその一部をダウンロードしてご覧いただけます。
詳しい内容をご希望の方は、下記「入力フォーム」よりお問い合わせください。

ODMA 光ファイバー温度測定ソリューション

これまでの監視では見つけることができなかった隠れた異常を見つけ出すことで、設備の安定稼働や品質向上を図ることが可能です。

COLMINA データ分析ナビゲーション

設備保全、品質改善(歩留まり向上)を目的とした、ものづくりの現場で働く人自身が使用できるデータ分析ツールです。

機械学習を用いた設備トラブル原因分析サービス

過去の様々なトラブルにおける報告書に基づき、発生するトラブルの原因を自動で分類するサービスです。

「デジタル革新オファリング」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ