これからの設備保全を考える、ICTを活用した「攻めの保全」とは

多くの国内製造業にとって、設備保全業務の変革が急務になっている。バブル経済の崩壊以降、長引く不景気に設備投資が抑制され、工場設備の老朽化が進んでいる上に、設備保全作業を担う熟練作業員の大量退職が近づいているからだ。加えて工場のデジタル化によるグローバル競争が激化する中、コストや品質の競争力強化も急がれる。これらの問題を解決するには、保守現場が保持するデータの管理と活用が不可欠だ。その施策へのヒントを、工場設備の維持管理・保全技術を扱う専門展示会で探った。

概要

  • 大きな経営リスクをもたらす製造設備の老朽化
  • 「攻めの保全」を可能にするソリューションとは
  • 幅広い周辺ソリューションとの連携で保守業務の「一元化」を促進
  • PLANTIA活用で3年間重事故ゼロを継続している事例も

続きは、こちらからお読みいただけます

ページの先頭へ