気軽に導入できる「危険ゼロ」安全マネジメントの仕組みとは

「災害ゼロ」から「危険ゼロ」へ
ICTを駆使すれば日本は安全マネジメントで世界をリードできる

安全マネジメントにはコストがかかる――。そうした古い常識にとらわれている日本企業があまりにも多い。今や労働災害をなくすことは当たり前であり、それ以上に「危険自体をなくす」ことに注力するのが先進国の潮流だ。安全マネジメントを徹底することで、現場の生産性が上がる事例も出てきている。企業にとって安全確保への取り組みは単なるコストではなく、競争力向上のための投資としてとらえるべきである。ICTツールやクラウドサービスを利用すれば、少ない投資で効果の上がる施策を実現することができる。

災害ゼロと危険ゼロは何が違うのか。今後この分野で日本が世界をリードできる可能性はどこにあるのかを、事例を交えてご紹介します。

ページの先頭へ