ハイブリッドIT

IoTインフラ基盤

IoTインフラ基盤の利用シーン

デジタル革新を支えるインフラ基盤を実現するには、リアルタイム性を重視したデータ活用を実現するオンプレミス(エッジ)と、複数拠点や外部のデータを集めて活用するためのクラウド、それぞれを柔軟に使い分けられるよう、ハイブリッドIT環境を整備することが重要です。
センサーやカメラから発生する様々なデータを、目的に合った仕組みで収集・蓄積し活用する、IoTインフラ基盤の利用シーンをご紹介しております。

ソリューション紹介資料

利用シーンの各レベルを実現するソリューションに関して、ここではその一部をダウンロードしてご覧いただけます。
詳しい内容をご希望の方は、下記「入力フォーム」よりお問い合わせください。

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O IoT Platform

人やモノからの多様なセンサーデータを収集・蓄積し、アプリケーションと連携したリアルタイムなイベント処理を実行することができます。

「デジタル革新オファリング」に関するお問い合わせ

ページの先頭へ