GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2009年>
  4. 2008年度業績について

2008年度業績について

2008年度は実に厳しい経営環境でしたが、大切なお客様、また昔からご贔屓頂いているお客様からのあたたかい投資に支えられ、売上、営業利益とも、前年度に比べて増加致しました。誠にありがとうございました。

以下に、営業活動と業績の概要をご報告申し上げます。

当社は創業40周年の時に制定した経営ビジョン「地域のお客さまのために世界一のITソリューションを提供し続ける企業を目指す」を実現しようと、社員とともに頑張っております。特に、お客様のITシステムの上流から下流の運用までライフサイクルに沿った情報サービスのご提供、最近の内部統制対応としてGLOVIAsmartソリューションやセキュリティソリューションのご提供、医療関連では、「病院システムの広域運用監視ソリューションサービス」のご提供に力を入れて参りました。おかげさまで、病院システムの広域運用監視ソリューションサービスは年度末で日本全国で71の病院様で稼動させて頂いております。

この結果、総売上高は4,740百万円、前年同期比+281百万円(6%増)、また営業利益も、前年同期比+20百万円(10%増)となり、ここ3年連続の増収増益となりました。ありがとうございました。

さて2009年度は、さらに景気後退が予測されます。日銀短観は2009年度を通しての企業の見方を、5%減収と報じています。当社はそういう中、大事なお客様のために、従来以上にお客様視点で、コスト低減や経営効率化に繋がるご提案をして参ります。昨年度と同様、ご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 2008年度
予算
2008年度
実績
予算比前年度比
売上高50004740-260+281
(6%増)
営業利益275221-54+20
(10%増)

(単位:百万円)

2009年度  計画

 2008年度
実績
2009年度
予算
前年度比伸長率
売上高47405100+360108%
営業利益221360+139163%

(単位:百万円)

2009年度も既存サービスの向上及び魅力的な新サービスの提供をし続け、お客様のベストパートナーとして邁進してまいりますので、今後ともよろしくお願い申しあげます。

2009年4月9日
株式会社富士通ワイエフシー
代表取締役社長  宮浦  完次