GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2009年>
  4. 2009年度内定式を執り行いました。

2009年度内定式を執り行いました。

内定式にて、社長の宮浦より就職内定者のみなさんに「内定者に贈る言葉」が贈られました。以下にその内容を掲載します。

~内定者に贈る言葉(2009.10.1内定式にて)~

皆さん、内定おめでとうございます。
富士通ワイエフシー(以降:YFC)を代表して、心からお祝いを申し上げます。18名の皆さんが来春新しくYFCの一員に加わることになり、来年4月には、社員数は358名となります。
さて、まずは内定にあたり皆さんにどのような人材を目指してほしいのか、どんな期待をしているのか、大事にして頂きたい組織風土は何なのかを申し上げたいと思います。
これは2007年の入社式以来、YFCに入社される皆さんにずっと言い続けておりますが、『4つの「S」を持つ人材』そして組織風土としても『4つの「S」』を持つことであります。

(内定式では、以下に示す詳細及び2009年度YFC行動指針については、説明を省きました。)


1.SENSE

(何事にも、好奇心を持ってあたれ)

言葉そのものは感性や感覚などという意味ですが、私は少し拡大解釈して、好奇心を持って何事にも立ち向かって行く感性・感覚こそが大事だと思っています。要は、先ず行動を起こすことです。
例えば、お客様のITシステムの企画・設計・開発・運用・保守に至る工程において、問題はないか、ムダはないか、改善すべき点はないか等、好奇心を持って対応・提案していくことが競合他社との差別化に繋がり、YFCがお客様から良きパートナーとして認めて頂けるようになるのです。
一つの方法として『なぜなぜ問答』など、何のため?と目的を繰り返し探るやり方があります。これを実践すると、物事の本質や根本が見えてきます。

2.SPEED

(とにかく速い対応を)

次に大切なのはSPEEDです。機能や価格が同じであれば、納期が早い、提案や回答のスピードが速いことでライバルに対して優位を保つことができます。
巧遅は拙速に如かず、であります。恐れず勇気を持って素早い対応、行動を心掛けて下さい。
先輩に遅い人がいれば、遠慮せず、SPEED UPを促して下さい。

3.STUDY

(よく学べ、敵をよく知れ、己をよく知れ)

3番目は、よく勉強・研究する、学ぶということです。何事についても、競合他社はどうしているのか、業界動向はどうなのか、また新しい技術にはどんなものがあるのか、常に勉強・研究して下さい。また、素直に学ぶということも非常に大事です。失敗もするでしょう。しかし、そこから何を学び、どう対応していくかが大事なのです。

4.SMILE

(兎に角、笑顔を忘れずに、健康に)

最後は、笑顔です。これから新しく会社生活を送ることになりますが、楽しい事や嬉しい事だけでなく、苦しい事、困難な事にもぶつかります。その時も笑顔を忘れずに、前向きに取り組んでください。そのために健康であることは必須です。健康相談の制度もありますので活用して下さい。


この4つの「S」を是非忘れないで下さい。

次に、新年に全社員に伝えた「2009年度YFC行動指針」を読み上げます。

2009年度YFC行動指針

  • 他社に真似のできない、当社独自のITソリューションを追求し、開発提供しよう
  • 日々お客様とコミュニケーションをとり、前向きに明るく提案、行動しよう
  • 一人ひとりが独自能力を高め、業務ノウハウの蓄積と公的資格の取得を果そう
  • 女性社員も主役を演じよう
  • 個社戦略を徹底して推進しよう
  • 自らを磨く、自らへ投資を

提案指針

  • アウトソーシングで、早いコスト削減を
  • ワークライフバランスで、働き方を変える

さて、今日は、特に次の2点について、お願いを含めてお話します。

1点目が4Sの一つである、STUDYです。学生時代に勉強してきたと思いますが、社会人になってからも勉強を続けて行くことが大事です。YFCの経営ビジョンは、『地域のお客様のために、世界一のITソリューションを提供し続ける企業を目指す』であります。このためには、社員も世界一を目指さねばなりません。『青年よ大志を抱け』のように、志を大きくもって、それに向かって自分を成長させていって下さい。身近な例でいえば、来春に、情報処理技術者試験があります。この受験勉強をして合格することも良し、入社に当たっての心構えを整理する、その他、興味のある本をできるだけ沢山読むこと、なども良しです。旅行なども良いと思います。何かに気づく、あるいは何故だろうと思い、行動することも学びです。
この半年の助走が、来春からの新入社員研修に活きてくると思います。

2点目が、コンプライアンス・法令順守です。昨年は、食品業界や相撲界や政治の世界などで大きな問題になりました。最近では、ドラッグが問題になっています。そんなに難しい問題ではないのですが、社会に出ると悪い人や組織の悪習に染まり、当たり前のことができなくなる人が出てきます。社会人としての道徳を、皆さん一人ひとりが守り、自分で自分を律して、正しい行いを心掛けて下さい。
この2点、よろしくお願い申し上げます。

こういう心掛けをしながら、弊社の経営ビジョンである『地域のお客様のために、世界一のITソリューションを提供し続ける企業を目指す』を、皆さんと一緒に達成していきましょう。

これからの半年、社会人生活への助走期間として、時間を有効に使って下さい。
来年無事入社式を迎えることをお祈りして、私の挨拶といたします。

本日は本当におめでとうございました。


今年度は、富士通ワイエフシー本社および横浜国際ホテルにて、以下の手順で内定式を行いました。

横浜国際ホテルにて、社長訓示、内定者の紹介、記念品贈呈、懇談会(会食)
本社にて、内定者自己PRスピーチ、第1回内定者研修(全4回を予定)

本件に関するお問合せ

株式会社富士通ワイエフシー
経営戦略室
広報担当
icon-telephone電話: 045-453-7887
icon-faxFax: 045-453-7886

お問い合わせは こちらから