GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2011年 >
  4. 第11回 テレワーク推進賞 会長賞受賞

第11回 テレワーク推進賞 会長賞受賞

2011年1月21日

2011年1月21日、当社は社団法人日本テレワーク協会が実施する「テレワーク推進賞」の会長賞を受賞いたしました。なお、授賞式は下記の日程で実施されます。

「テレワーク推進賞」は、【テレワークを自ら推進している企業・団体】【テレワークを活用して事業推進している企業・団体】として[テレワークの実施規模が一定以上に達している][トップがテレワークの推進に理解を示し、協力的である]などの審査基準により優秀と判断された企業に与えられるもので、当社は2007年度(第8回)2008年度(第9回)2009年度(第10回)の優秀賞受賞に引き続き、4年連続受賞の栄誉を賜りました。


受賞背景

近年、少子高齢化が社会問題となり、企業が仕事と社員の子育てを両立させることなどでの少子化対策が必要となっています。このような状況を踏まえ、当社では2006年度にワークライフバランス推進室を設置し、子育てや家事に職場が配慮することで女性を含めた従業員全体の労働効率を高め、また個人の能力を大いに高めてもらうよう、企業努力を重ねて参りました。

具体的には、2007年度初頭よりテレワーク(社外・在宅勤務)制度を導入し、自宅に居ながらの勤務が可能な仕組みを整え、さらに、社内に女性活性化プロジェクトを発足させ、従業員が安心して仕事に取り組める環境づくりを推進して参りました。

これらの努力が実を結び、試行開始からおよそ4年が経った今、対象社員351名(試用期間の社員を除いた人数)のうち212名がテレワーク制度の利用を申請しているという結果や、各方面での講演やテレワークソリューションのご提供などの対外姿勢が評価され、今般の受賞の運びとなりました。

表彰式

日時 2011年1月21日(金)  13:00~
会場 ホテル  銀座ラフィナート  7階  汐風
主催 社団法人  日本テレワーク協会
後援 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、テレワーク推進フォーラム、日本テレワーク学会

当社は、今後もこうした努力を重ね、従業員が幸せに暮らせるよう、また、公私ともに地域社会に貢献できるよう努め、ひいてはお客様により良いサービスを提供出来るよう一層の努力を続けて参ります。

プレスリリース ID: 2011-001
日付: 2011年1月21日

本件に関するお問合せ

株式会社富士通ワイエフシー
経営戦略室
広報担当
icon-telephone電話: 045-453-7887
icon-faxFax: 045-453-7886

お問い合わせは こちらから

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。