GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2009年 >
  4. 公益法人向け共済事業継続ソリューションの販売を開始

公益法人様向け、共済事業継続ソリューションの販売を開始

2009年10月7日

2009年10月5日、当社は公益法人向け共済事業継続ソリューションを発売します。


開発背景

平成20年12月1日より施行された公益法人制度改革3法の施行に伴い、社団法人や財団法人などの公益法人が共済事業を主たる業務としている場合、共済事業が保険業法の規制対象となり、事業継続には少額短期保険業者への登録が必要となります。
富士通ワイエフシーは、少額短期保険業者様の契約管理から収納管理までの一連の事務はもとより、準備金の算出や監督官庁提出用資料作成など、共済事業の継続に必要な全ての機能を内包したシステムとそれに付随するサービスを提供します。


機能概要

少額短期保険ソリューションは、少額短期保険事業の運営に必要な機能を備えており、さらに基本機能のカスタマイズにより、上記に該当する個々の公益法人が実施する業務に最適なシステムを短期間で構築することを可能にしました。
また、オプション機能として、保養施設予約管理や給付管理など、数多くの開発事例をもとに会員(顧客)向けサービスを提供します。

プレスリリース ID: 2009-006
日付: 2009年10月7日

本件に関するお問合せ

株式会社富士通ワイエフシー
経営戦略室
広報担当
icon-telephone電話: 045-453-7887
icon-faxFax: 045-453-7886

お問い合わせは こちらから

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。